9 10月 2009

F館最上階の眺めをプレ体験しようぜ!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会もん太のどこまで脱線するの?

もん太@射水市民です。

ネットの掲示板には、何かと「通りすがり」と名乗る人がいらっしゃるようですが、先日の台風18号もなかなか派手に通りすがっていったようですね。富山県も暴風域に入っていたものの、親鸞会も思っていたほど大きな被害はなかったようです。やっぱり、立山連峰が盾になってくれたようです。

そんな立山も初冠雪したそうで、富山にも冬の気配が……。もん太も先月末にスタッドレスタイヤを新調しました。先月末までならオートバックスで20%offということで、急いで買いましたね。ちなみに今なら15%offです。ミゾが残っていても古くなったタイヤは危険ですので、新調予定の方は、お早めに……。

さて、台風が過ぎ去って台風一過ってヤツですが、もん太はかつて、うっかり「台風一家」と思い込んでいまして、台風○号と言った場合、○の数が多くなればなるほど大所帯という意味だと思っていましたが、どうもそうではないようです。まあ、そんな勘違いをしている人はあっても国民の半分ほどだと思いますので、気にしないようにしたいと思います。

……で、そんな台風一過の今日ですが、どうも雲が多いですね。青空もチラチラと見えていますが、まあ、雨も酷くないので……、

F館の偵察に行ってきたよっ!!

ちなみに、台風の前日である7日には、F館の3階部分の生コン打設が行われたようです。もん太は、仕事が立て込んでいて行けませんでしたが、あの台風が近づいてきて風の強い中、職人さんたちは、頑張って打設されたようです。もう、プロジェクトXの世界かと思います。では、台風一過の様子をお伝えしましょう!

まずは、調整池!

調整池はブロック設置も進み、滝の石も組まれつつありました

調整池はブロック設置も進み、滝の石も組まれつつありました

しばらく見ないうちに、向こう側のブロックが綺麗に積まれていますね。右奥では、滝の石積みが行われていました。

まだ、途中段階ですが、その石がこれだ!!

滝になる石はシブい!そして、でっかい!

滝になる石はシブい!そして、でっかい!

うっわー!めっちゃシブい!

滑らかな岩肌もいいですが、こういうゴツゴツした岩肌ってグッと来ますね。まだまだ、組んでいる最中ですが、今後、どうなっていくか楽しみです。

ちなみに、この滝の上から滝壺である調整池側を見ますと……、

滝の上から調整池を見下ろしてみました

滝の上から調整池を見下ろしてみました

こんな感じですね。結構、落差があるようです。もん太も落ちないように気をつけたいと思いますよ!

では、F館へと急ぎましょう。皆さん、お馴染みの七宝の池を取り巻く遊歩道を進んでいくと……?

七宝の池の遊歩道を進んでいくとF館の存在感が!

七宝の池の遊歩道を進んでいくとF館の存在感が!

なんかやたらとF館の存在感を感じますね。

定点観測でF館です。右側の足場が4階の高さです

定点観測でF館です。右側の足場が4階の高さです

定点観測地に行きますと、こんな感じです。F館正面の真上はまだ、4階床の高さまでしか足場が組まれていませんが、右側の面は5階の床の高さまで組まれています。つまり、4階建ての建物の規模と思ったらいいでしょう。しかし、F館は5階建て。あと、1階分は高くなります!!

この足場の高さが4階建ての高さです

この足場の高さが4階建ての高さです

F館右側面はこんな感じです。4階建ての建物みたいな感じです。これに更に1階分上乗せですので……。

さて、中に入ってみると1階は設備工事に突入していました。

エアコンガスを通すための管も搬入されていた

エアコンガスを通すための管も搬入されていた

このトグロを巻いているのは、エアコンガスを通すための管ですね。こんなのが搬入されていただけではなく……、

1階の天井は空調工事が進行中

1階の天井は空調工事が進行中

天井を見ると、管の配管が進み、空調の機械が設置されていました。この機械の下の部分が実際の天井の高さになるんですね。

更に、ラウンジに行ってみると……?

1階ラウンジではサッシの組み立てが進行中

1階ラウンジではサッシの組み立てが進行中

サッシが搬入され、組み立てが進行していました。ある程度、組み立てが終わったら、取り付けがなされると思いますが、それにしてもビル用サッシって大きいですねぇ。

2階は、梁の型枠までが撤去されて、支柱がなくなった分、視界が開けて広く感じましたよ!

2階の支柱が撤去され大広間も姿を現していた

2階の支柱が撤去され大広間も姿を現していた

そして、いざ4階へ!

3階の生コン打設が終わり、4階の柱の鉄筋が建っていた

3階の生コン打設が終わり、4階の柱の鉄筋が建っていた

3階まで生コン打設が終わっているので、4階の床スラブまでは出来ているということですね。あらかじめ組まれた柱の鉄筋がドンドン溶接されていました。もう、向こうには樹木の上と空しか見えません。これだけでも高さを感じますねぇ。

では、足場に昇ってみましょう。

5階の床の高さから見下ろすと地表の車が小さい!

5階の床の高さから見下ろすと地表の車が小さい!

この足場は、5階の床より1mほど低いところですね。ほぼ、F館最上階の5階からの眺めと言っていいでしょう!

ここからは、4階のフロアで作業する人と、地表で作業をする人が一望できますが、いやいや、高いですねぇ。

ちなみに、この高さというのは……、

5階の床の高さからは、チラリと百味館&徳水館が見える

5階の床の高さからは、チラリと百味館&徳水館が見える

こういう感じです。木々の向こうに百味館徳水館がチラリと見えます。本来の5階の高さになると、もっと見えるでしょうし、まして、屋上(6階の高さですね)ともなれば、障害なく見えるかも知れません。

D館は、この写真では、木に隠れていますが、ちょっと横にズレれば……、

初公開!5階からのD館の眺めです

初公開!5階からのD館の眺めです

こんな感じです。七宝の池も一望できますね。D館の奥に森を見ることができるのは、F館からだけでしょう。

そのF館の5階の高さをもっと味わっていただきたく、次の写真をプレゼントします。

ちなみに5階の高さから地表を見下ろすと……!!

ちなみに5階の高さから地表を見下ろすと……!!

F館5階の高さから直下を見下ろしてみました。上に見える道は、七宝の池から展望台への道ですね。こんな高さになっていました。

さて、明日からは長い人で3連休でしょうか?調整池もF館も必見ですよ!

要チェックやでっ!!

Tags: , , ,

ツッコミ大歓迎!