2 10月 2009

1円の攻防

Author: もん太 | Filed under: ラピンのそんなバナナ★
1円玉

今回の話は、この1円が騒動のもと(?)

お久しぶりです。今回は、悲しい話を聞いてください。

ガソリンスタンドで、りさりさが、ガソリンを入れたときのこと。

「2000円分、入れてください」

といって、現金2000円とポイントカードを、店員さんに渡しました。

このお店、1000円入れると、スタンプが1個もらえるのです。そしてスタンプ50個たまると、500円分の現金として使えます。スタンプ1個が10円ということでしょうか。

りさりさはスタンプ2個を、もっともコストパフォーマンスのよい形でゲットしようとしたわけです。

ところが……

りさりさのポイントカードには、さらに「1リットル5円引き」というスーパー特典がついていました。

その結果。くわしい計算の仕組みはよく分かりませんが……

「1999円分、入りました~♪」

と店員さんが、ニコニコ顔で、1円のおつりとレシートとポイントカードを持ってきたのだとか。

りさりさが、キレた。

「なんで2000円って言ったか、分かってんの!?スタンプが2個欲しいからじゃないの!?

ぴったり2000円にならないなら、2001円でも2002円でも2003円でもいいから、2000円超えるように入れてくれてもいいじゃない?

あなた店員なんだから、それくらいの客の心理、分かってよ!!!!」

と、心の中で叫んだ。それでもおさまらず、ラピンに話をしてきたのです。

は~。恐るべし、1円の攻防。

こんなことで、怒ったり、泣いたり、叫んだり、しているのが人間なんだ……。

そう思うと、ラピンはとても悲しい気持ちになりました。

もちろん、

「小を軽んずるものは大を失う」

とか

「1円を軽んずるものは1円に泣く」

ということわざもありますが、それは確かに、帳簿をつけるときには1円でも間違いやごまかしがあってはならないでしょう。

でも、ラピンはむしろ、「パーキンソンの法則」を思い出したよ。

「財政の1項目の審議に要する時間は、その項目の支出額に反比例する」(凡俗の法則)

人間の悲しさは思う様にもなし。

Tags:

ツッコミ大歓迎!