4 10月 2009

日本語教室「月と暦2」

Author: もん太 | Filed under: フーさんの日本語教室

☆今日のテーマ

「月と暦 その(2)☆

フーさんです。

夜、月を眺めていると、風流な気分になりますよね。

昔の人は、歌には、「花鳥風月」を詠むのが、一般的でした。

花鳥風月といったら、まさに、親鸞会の聖地は、すべて、素晴らしいですよね。

この秋の連休、満喫された方もたくさんおられると思います。

今日は、「月と暦」の2回目です。

月

■「えっ!まだ8月なのに、もう秋なの?」

1年、12ヵ月ありますが、昔は、別の名前がついていました。

ご存じですか?

「やよい三月 花のころ」と聞いたことがありますね。

親鸞聖人のお歌で、「弘長二年霜月の下旬八日の午の刻」と、「霜月」って、出てきました。

一般に、「さつき」晴れ、「しわす」などは、よく聞きますよね。

これが、月の異名といわれるものです。

  • 1月  睦月(むつき)
  • 2月  如月(きさらぎ)
  • 3月  弥生(やよい)
  • 4月  卯月(うづき)
  • 5月  皐月(さつき)
  • 6月  水無月(みなづき)
  • 7月  文月(ふづき・ふみづき)
  • 8月  葉月(はづき)
  • 9月  長月(ながつき)
  • 10月  神無月(かんなづき)
  • 11月  霜月(しもつき)
  • 12月  師走(しわす)

どれだけ、知ってたかな?

手紙の時候の挨拶に、月の異名を書くと、この人、ちょっと違うぞ、と思われるかも……?

さて、ここで、問題です。

 

  1. 「弥生三月 花のころ」といわれる「花」とは?
  2. 「五月晴れ(さつきばれ)って、5月の連休の晴れのことだよね?そういえば、あの時期、晴れた日が続くよね。
  3. 「五月雨(さみだれ)って、その晴れた日の合間に降る雨のこと?
  4. 「節分」「立春」って?
  5. 「夏至」「冬至」って、いつのこと?
  6. 「今日は、立秋だから、もう、これからは、残暑見舞いだよ」といわれたけど、まだ、8月は真夏だよね?なぜ秋なの?

さて、どうでしょう?

この解説は、次回にしますね。

今日は、さっと、月の異名の意味を、解説しますね。

実は、どの名前も諸説があります!たくさんあるんです!

その中で、一般的でわかりやすいものを挙げることにします。

《睦月(むつき)……1月

・互いに往来して、睦まじくするところから、「むつびつき」の略。

《如月(きさらぎ)》……2月

・寒さのために、衣を重ねるところから、きさらぎ、きぬさらぎ(衣更着)。

《弥生(やよい)》……3月

・草木が、いよいよ(いや)、花葉をつけ生じる、という意味から。

《卯月(うづき)》……4月

・ウツギの花(卯の花)が咲く月。

《皐月(さつき)》……5月

・さなえつき(早苗月)の略。早苗を植える月。

《水無月(みなづき)》……6月

・暑さで、水がかれるところから、水なし月。

・この月に田に水を入れるところから、水月。水の(な)月の意味。

《文月》……7月

・稲の穂のふふみづき(含月)の意味。穂見(ほみ)月の意味。

・七夕に、詩歌の文(ふみ)を供えるところから。

《葉月》……8月

・はおち(葉落ち)月の略。黄葉の月の意味。

《長月》……9月

・夜長月の略。

・いなかり月(稲刈り月)の略。

《霜月》……11月

・霜降り月の略。霜の月。

《師走(しわす)》……12月

・経をあげるために、師僧が東西を馳せ走る月であるところから。

※10月は、親鸞学徒として、書きたくないので省略。

番外編、次回も続けます。

では、今晩は、これまで……、ふ~。

Tags: ,

ツッコミ大歓迎!