14 10月 2009

日本語教室「月と暦3」

Author: もん太 | Filed under: フーさんの日本語教室

☆今日のテーマ

「月と暦 その(2)☆番外編

フーさんです。お久しぶりです。

秋の夜長を楽しんでいるうちに、あっと言う間に時がたってしまいました。すみません。

親鸞会同朋の里では、ぎんなんや栗がとれるそうで、実りの秋ですね。

今日は、「月と暦」の3回目です。

弘宣部ビルで見かけた月です

弘宣部ビルで見かけた月です

■先回の解答をいたします。

親鸞聖人のお歌』で、「弘長二年霜月下旬八日午の刻と、「霜月」って、出てきました。

  • 霜月は、11月。
  • 下旬八日は、28日。
  • 午の刻は、午前11時ごろから午後1時の間をさします。

さて、問題を覚えておられますか?

  1. 「弥生三月 花のころ」といわれる「花」とは?
  2. 「五月晴れ(さつきばれ)」って、5月の連休の晴れのことだよね?そういえば、あの時期、晴れた日が続くよね。
  3. 「五月雨(さみだれ)」って、その晴れた日の合間に降る雨のこと?
  4. 「節分」「立春」って?
  5. 「夏至」「冬至」って、いつのこと?
  6. 「今日は、立秋だから、もう、これからは、残暑見舞いだよ」といわれたけど、まだ、8月は真夏だよね?なぜ秋なの?

※実は、昔、次のように、考えられていました。

  • ……1、2、3月
  • ……4、5、6月
  • ……7、8、9月
  • ……10、11、12月

季節の分かれ目の日を、節分

次の日が、その季節の始まる日、立つ日になります。

立春、立夏、立秋、立冬といわれます。

  • 夏の盛りを、夏至(げし)
  • 冬の盛りを、冬至(とうじ)
  • 春に、春分。秋に、秋分

※ところが、旧暦と新暦は、ほぼ、1ヵ月ほどの、ずれがあります。

わかりやすい例を挙げますと……、

今年の節分は、2月3日、立春は、2月4日ですから、「1月から、季節は春」という昔の人の考えからすると昔と今は、1ヵ月ずれているのが、わかりますね。(今の2月が、昔の1月)

同じように、

  • 1月(睦月) 立春(今年は、2月3日)
  • 2月(如月) 春分(今年は、3月20日)
  • 3月(弥生)

  • 4月(卯月) 立夏(今年は、5月5日)
  • 5月(皐月) 夏至(今年は、6月21日)
  • 6月(水無月)

  • 7月(文月) 立秋(今年は、8月7日)
  • 8月(葉月) 秋分(今年は、9月21日)
  • 9月(長月)

  • 10月(神無月)立冬(今年は、11月7日)
  • 11月(霜月) 冬至(今年は、12月22日)
  • 12月(師走)

※質問については……、

(1)弥生3月とは、現在の4月。だから、そのころの花は、桜 と考えてもいいのでは。

(2)(3)は、「さつき」とは、旧暦5月だから、現在の6月に当たります。6月は、梅雨の季節。よって、さつき晴れとは、梅雨の合間の晴れ。五月雨とは、梅雨の雨のこと。

(4)(5)は、上で、お話ししました。

(6)は、立秋は、今年なら、8月7日でした。これは、昔は、まず、暦の上の季節があり、それに合わせて歌を詠んだりしていたんです。もう、暦の上では、春だから、そろそろ、雪がとけたころだろう、とか。暦の上で、もう、秋だから、秋風が吹くころだろう、とか。暦の上では、もう秋だけど、まだ、夏の暑さが残っていますね、という心から、残暑見舞いでしょうか。

以上、簡単で、すみません。

来月は、親鸞聖人、報恩講ですね。

もう、今年も、こんな時期になりました。

ほんとうに、月日のたつのは、はやいです。

一日一日を大切にしていきたいですね。

番外編は、これで、終わります。     ふ~。

Tags: ,

ツッコミ大歓迎!