3 10月 2009

親鸞会の聞法ドメインを見渡したいぜっ!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会もん太のどこまで脱線するの?

もん太@射水市民です。

この週末は、イマイチすっきりしない天気ですが、一昨日の射水市は晴天でした♪

……ということは、

同朋の里F館の偵察っきゃないでしょ!

……で、行ってきました。

F館現場への入り口で進行中の浄化槽工事は、底に鉄筋が組まれています。

浄化槽の工事では配筋が進んでいました

浄化槽の工事では配筋が進んでいました

こちらは、あまり大きく進んだという感がないですね。

では、F館現場に行ってみましょう。まずは、定点観測の場所から。

定点観測です。左下のポンプ車が小さく見えますね

定点観測です。左下のポンプ車が小さく見えますね

もう、何と言いましょうか。シートに囲まれてよく分からないのですが、この中では、どんどん進んでいるんですね。

1階は、型枠が外されているので、内部工事がどんどんと進んでいますし、2階は、壁や柱の側面の型枠が撤去されつつありますし、3階は、生コン打設に向けて型枠が取り付けられつつあります。各階で、進んでいるんですね。

では、定点観測の反対側に行ってみましょう。

定点観測地の反対側から見ると、こんな感じ

定点観測地の反対側から見ると、こんな感じ

もう、これはこれで「城」ですね。この写真でいいますと、左側が七宝の池であり、D館であります。右奥には駐車場となります。

では、ちょろっとだけ中を見てみましょうか?玄関入ってすぐには、

玄関を入ってすぐのところには受付カウンター?らしきもの

玄関を入ってすぐのところには受付カウンター?らしきもの

こんな感じ。右の明るい部分が玄関ですが、受付カウンターのようなものが作られていました。ちょうど、生コンが打たれたばかりのようですね。

……で、2階は養生中なのでアレですが、3階は、

3階の窓は大きくて本当に明るかった!

3階の窓は大きくて本当に明るかった!

こんな感じで、支柱だらけでワケが分かりませんが、小さな部屋が沢山できるんでしたっけ?窓の大きさが分かりますね。

その窓の外側は、

3階の外壁は窓部分など細かい所も配筋されていました

3階の外壁は窓部分など細かい所も配筋されていました

こんな感じで、細かい作業が進められていました。こうやって見ると、柱部分は鉄筋の密度が高いですね。これだけの大きな建物ですので、かなりの力を支えねばなりませんから、鉄筋も多めというわけですね。

では、4階の床スラブはどういう状況でしょうか?

4階床スラブともなると向こうには木の先しか見えない

4階床スラブともなると向こうには木の先しか見えない

ちょっと分かりにくいですが、梁の型枠に梁の鉄筋が入れられていました。

それにしても、この高さともなると、向こうに見える木々は木の先端しか見えませんね。F館は5階建てですから、現在プラス2階分の高さになるから……、もしかしたら同朋の里は見渡せるかも!?かろうじて、親鸞会の聞法ドメインは見渡せるかもしれません……う~ん、やっぱり難しいかな?屋上から法輪閣の給水タンクくらいは見えるかもしれませんね!

改めて4階の高さを実感してみようと足場から見下ろしてみましょう。

4階の高さから見下ろすとコレですからね。足すくみます

4階の高さから見下ろすとコレですからね。足すくみます

うっひゃー!

左側に七宝の池が見えますが、実際は目が回るような高さです。

その七宝の池から、逆にF館を見てみましょう。

七宝の池から見ると、めちゃくちゃ存在感があります

七宝の池から見ると、めちゃくちゃ存在感があります

いやぁ~、ちょっと前までは何もなかったのに、こんなに大きくなっちゃって……。現在、工事の関係で七宝の池の水は少し抜かれていますが、水が貯まると「逆さ富士」ならぬ「逆さF館」を眺めることができます(笑)。

ちなみに、D館まで行きますと……、

D館から奥の周回道路は進入禁止。何やら作業が行われている?

D館から奥の周回道路は進入禁止。何やら作業が行われている?

周回道路の奥へはバリケードが設置されて行くことができません……が、奥には何やら重機がチラリと見えて広いスペースが見えましたよ。バリケードの手前から見えるので、要チェックやでっ!!それにしても、D館ってキレイやわぁ~♪

あ、帰りにF館屋上から見えるかもしれないし、見えないかもしれない微妙な存在の法輪閣に寄ってきましたよ。もう夕暮れで空が赤やら青に染まっていましたよっ!

帰りに法輪閣に夜と夕焼けが美しかった

帰りに法輪閣に夜と夕焼けが美しかった

う~ん、ビューティフル!

そういえば、F館1階のラウンジは、法輪閣のラウンジをモデルにしているんですよね。でも、広さは2倍はあると聞きますし、規模は違うようです。

法輪閣のラウンジでは、和気藹々と信心の沙汰がなされているんですよね~。個室ばかりが信心の沙汰をする場所じゃないようです。同朋の里なら、A館やC館やD館といった場所だけでなく、徳水館の大浴場につかってついつい長風呂しながら遠方の学徒と仏法を語り合ったり、百味館でバイキングを楽しみながら信心の沙汰という光景もよく見られます。何も畏まって正座して……ということなく、いつでも気軽に仏法の話に花が咲くのが「聞法ドメイン」なんですね!聞法ドメインは、そういう空気が流れていますよ~!

F館のラウンジも、信心の沙汰の人気スポットになる予感が……!!

10月に入りましたから、F館完成もどんどん迫ってきますよ~~!!

ではでは。

Tags: , , , ,

2 Responses to “親鸞会の聞法ドメインを見渡したいぜっ!”

  1. みさっち Says:

    F館、そびえたっていますね。

    完成したら、七宝の池から見たいです♪

    職人現場好きな私的には、

    支柱だらけの3階の写真がお気に入りです。。

  2. monta Says:

    みさっちさん、コメントありがとうございます。
    先日、3階部分までの打設が完了して、ますますそびえていますよ!
    最近、高い所に居ても違和感がないので、少々危ないもん太です(笑)。

ツッコミ大歓迎!