31 1月 2011

ひき逃げ事故発生!!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会もん太のどこまで脱線するの?

もん太@射水市民です。

親鸞会があり、もん太が生息する射水市は、子育て支援もシッカリしているし(なんと、子どもの医療費は中学生まで無料!など)、都会過ぎず田舎過ぎずで、なかなか快適かつ平和な地方自治体です。

そんな射水市ですが、稀に色々な事件やら事故があるのも否めません。数年前には、コンビニ強盗なんてのも発生しました。

そして、先週末のこと。仕事が終わってブラジル出身の法友である、マルちゃんとソラちゃんを乗せて、帰路を急いでいた時のこと。

射水市の小杉駅横の踏切からさの小児歯科前の道を進み、赤田の交差点で信号待ちをしていると、警察官が6名ほど、信号待ちの車に質問らしきことを始めた。助手席のマルちゃんが、

「シートベルト、デスカ?」

と聞いてくる。

この辺は、飲食店も多いので飲酒運転の確認かとも思ったが、その割には警察官が多すぎるし、やけに低姿勢である。

そのうち、お猿の車にやってきた。言うまでもなくお猿は警察沙汰になるようなことはしておりませんので、堂々と窓を開けましたよ!!

すると、こんなビラを手渡されました。

ひき逃げ事故発生のチラシ(Photo by 親鸞会)

さの小児歯科周辺の路上で警官が配っていたビラ

「先週、この近くでひき逃げ事故が起きました。何か心当たりのことがあったら、射水警察署にお知らせください。知人の方でも何か知っている人があったら、こちらまでご連絡ください」

とのこと。

チラシを見てみると「ひき逃げ事故発生!! 〜目撃情報求む!!〜」というタイトルのものだった。

事故の発生日時は、1月26日(水)午後6:40ごろ。まさに、自分たちが帰ろうとしている6:30ごろだ。

さらに発生場所は、射水市三ヶ地内、さの小児歯科付近路上とのこと。まさに、今、自分たちが停まっている道路で起きたらしい。

大きな地図で見る

そして、事故の形態は、車×歩行者(軽傷)とのことで、小杉駅方面から走ってきた乗用車が人に接触したのか衝突してしまったらしい。

最近、ニュースなどでも、ひき逃げ事故の報道をよく聞くような気がする。

警察の懸命な、聞き込み調査や防犯カメラの映像などの捜査で、犯人が捕まることもあれば、結局、見つからないこともある。捕まれば、重い刑罰が課せられるのは間違いないだろう。

それはそうと、たとえ警察に捕まらなかったからといって、ひき逃げ犯がシメシメうまいことやった、ということにはならない。

仏教では、教えの根幹として因果の道理が教えられている。

善い行為をすれば善い運命(幸福)がやってくるし、悪い行為をすれば悪い運命(不幸)がやってくる。自分のやった行為の結果は自分に返ってくる、というものです。

よく因果応報とか因果律とも言われ、実に分かりやすいことですが、こういうことが分かれば「廃悪修善(悪いことはやめて善いことをしよう)」となるのに、その実践ができない。つまり、分かっていないということです。

人が見ていようと見ていまいと、その人が行った行為は、善いことなら善業、悪いことなら悪業となって、その人自身がその報いを受けねばなりません。たとえ宇宙に逃げて行っても、その報いから逃れることはできません。

このひき逃げ犯は警察に捕まらなければ万事OKのように思っているかもしれませんが、決してそういうことはありません。警察に捕まらずとも、遅かれ早かれ悪果を受けねばなりません。

私たち親鸞学徒は仏法者として、因果の道理を深く信じ、誰が見ていなくても善いことに励まねばなりませんし、誰も見ていないからと悪いことをしてはなりません。

なかなか、実践が難しいことですが、光に向かって進ませていただきたいものです。

ではでは。

Tags: , ,

ツッコミ大歓迎!