6 6月 2011

親鸞会で高森光晴先生の勉強会でした

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会もん太のどこまで脱線するの?

もん太@射水市民です。

親鸞会で勤められた2日間の降誕会でございましたが、一夜明けて今日は主に海外から参詣された親鸞学徒を対象に、高森光晴先生が勉強会のご縁を設けてくださったようですよ。

……というわけで、海外の法友が宿泊しているという親鸞会の同朋の里へやって参りました。降誕会2日目の午後は天気が崩れたようですが、富山らしくなく青空が広がる1日でございました。

高森光晴先生の勉強会が始まるのは10時からということで、それまで少々、同朋の里を散策しておりましたが、会場となる親鸞会のC館前には駐車場が広がっております。その駐車場から少し見上げますとアレが見えます。

東屋4号(Photo by 親鸞会)

親鸞会の同朋の里に間もなく完成する東屋4号が美しい

アレとはコレですね。とどのつまり、That is Thisってトコです(ココは”This is it”のノリでお願いします)

まあ、東屋4号ですね。山の斜面に建っているので部分的に高床式っていうのがグッとくるのですが、良いですね。うっかり記念写真なんか撮りたくなってしまうのですが、そんなことを思っていると近くをたまたま(?)北海道在住の親鸞会の法友軍団が歩いていらっしゃいましたので、ついつい記念写真を撮ってしまいました。

北海道の法友(Photo by 親鸞会)

北海道から親鸞会に参詣され今日まで残られた皆さんです

まあ、お仕事の都合で昨日中に飛行機などで帰ってしまわれた方も多くいらっしゃったのですが、楽しげな記念写真が撮れてよかったと思います。

そうそう、ミドル夫妻も娘さん2人をお誘いされての参詣だったので家族水入らずで昨日中に帰ってしまわれたんですね。ちょっと寂しかったけど、初日の会食の時に稚児の初参りを終えたお孫さんを入れての記念写真を二千畳で撮らせていただいたので良かったです。いつもスイーツを頂いているのでサービスで撮っちゃいました!!

昨年の5月には、1週間かけて北海道ツアーを敢行したので北海道への思い入れは強い方と思います。親鸞会の札幌や旭川18番館にもお世話になりましたしね。それだけに、

旭川の法友(Photo by 親鸞会)

旭川ナンバーの車はフェリーでゆったりと北海道に帰るようです

旭川のフェリー組の皆さんが帰っていかれるときは寂しかったですねぇ~。ホント、いい人ばっかりで大好きです♪無事に帰っていかれることを念じます。

勉強会では、高森光晴先生より「親鸞学徒信条」についてお聞かせいただきました。

一、われら親鸞学徒は、
  人生の究極の目的は、絶対の幸福を獲るにあり、絶対の幸福は、
  真実の宗教を信ずることによってのみ獲得出来ることを信じます。

一、われら親鸞学徒は、
  世界に宗教多しと雖も、唯一絶対真実の宗教は、
  大聖釈迦牟尼世尊の説き給うた仏教以外には絶対にないことを信じます。

一、われら親鸞学徒は、
  釈迦牟尼世尊の出世本懐の中の本懐は、本師本仏の阿弥陀仏の御本願を説かれた
  大無量寿経にのみあったことを信じます。

一、われら親鸞学徒は、
  阿弥陀仏の御本願を聞信すれば、一念往生、現生不退、絶対の幸福を獲ると教え給うた
  親鸞聖人の御教えを信じます。

という4項目です。

これはそのまま親鸞聖人の教えられた三重廃立であり、教行信証に書かれていることそのものでございます。

さて、勉強会が終わったら会場となった親鸞会のC館裏にある庭で記念撮影です。

高森光晴先生と海外の法友(Photo by 親鸞会)

勉強会の後は親鸞会のC館裏の庭で高森光晴先生と記念写真♪

芝生も綺麗に刈られていたので気持ちよかったですね。皆さん、大変良い笑顔をしていらっしゃいます。笑顔は万国共通語でございます!

そうしているうちにお腹がすいてきました。皆さん、親鸞会の百味館でランチだそうです。もん太も、バイキングに便乗させていただきました。

百味館のバイキング(Photo by 親鸞会)

お昼は親鸞会の百味館でバイキングしながら各国の発表がありました

会食しながら、各国の奇瑞などを聞かせていただきました。観光目的ではなく、なぜ日本に参詣しようとしたのか……といった尊い話もあり、射水市に住んでいるもん太としては大いに反省させられるご縁でしたよ。

会食後は解散でございます。こんな天気の良い日は同朋の里を散策したくなるものでございますが、親鸞会のダムに行ってきましたよ。

親鸞会のダム(Photo by 親鸞会)

親鸞会のダムは青空の下で爽やかな景観でございました。暑い〜っっ!

満々と水が湛えられ爽やかですね。錦鯉も泳いでいました。

う~ん、こんな所で記念写真を撮りたい……と思っていたら都合よく会食を終えた海外の法友がやってこられましたので、1枚撮りました!

海外の法友(Photo by 親鸞会)

海外に住む親鸞会の法友にとってダムが初めての方も多かったですね

皆さん、なんてフレンドリーな!英語圏や中国語圏問わずに「はい、チーズ!」で通じましたよ。イミズム恒例のモザイク記念写真ですが、素敵な笑顔を紹介できず残念!

この後、台湾の法友のリクエストもあってもう1枚。

台湾の法友(Photo by 親鸞会)

台湾に住む親鸞会の法友は写真好きな人が多く、リクエストで1枚!

この後、隣の東屋2号でのガールズトーク(?)に混ぜていただきましたが、中国語まったく分かりませんでした。

そんな感じで、海外の皆さんの紹介でした。

ではでは。

Tags: , , , , , , , ,

ツッコミ大歓迎!