29 6月 2011

親鸞会のテレビ座談会の後にササユリ見物

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会もん太のどこまで脱線するの?

もん太@射水市民です。

今日は親鸞会で、午後よりテレビ座談会があり、親鸞聖人の教えが現代人の私たちにも分かりやすく書かれた『なぜ生きる』についての質問に高森顕徹先生よりお答えいただきました。

『なぜ生きる』の2部5章のタイトルは、

無明の闇とは「死後どうなるか分からない心」

ですが、その章についての質問でした。質問は、

無明の闇とは、「死んだらどうなるか分からない、死後に暗い心」をいう

という冒頭の1文からでした。

人生の目的は無明の闇を破っていただく事ですが、無明の闇が破れたらどうなるかという「本道の質問」にお答えいただきました。

そのテレビ座談会が終わって、さて帰ろうかと乗降ターミナルで車に乗って出口に向かって走っていた時、坂道の脇に以前より多くのササユリが見えました。親鸞会では、他にも法輪閣でも見る事が出来るのですが、数が多いのは親鸞会の乗降ターミナル脇ですね。

まずは、

親鸞会のササユリ(Photo by 親鸞会)

親鸞会の乗降ターミナル脇に2輪同時に咲いていたササユリ

こうやって1本の茎に2輪の花が咲いているバージョンですね。これはゴージャスですね。賑やかで楽しいです。1本で2度美味しいというオトク感があっていいものかと思います。

次は、少々離れたと所に見つけたコレ。

ササユリ(Photo by 親鸞会)

孤独な少々傷み気味のササユリもありました

ちょっと花が傷みつつあるのですが、孤独なササユリです。今日は天気もよかったので、強い日差しを浴びて輝いていましたよ!それにしても、ササユリって花がなければ、普通の笹と見分けがつかないくらいの笹っぷりですね。パンダも喜んで食べてしまうのではないでしょうか?

それから、茂みの中の目立たない所に見つけた新参者も発見!

若いササユリ(Photo by 親鸞会)

まだ開花したばかりらしい若いササユリもありました

まだまだ、花びらも開ききっていない初々しいササユリでございます。

親鸞会では、まだまだササユリが楽しめそうですね。

このササユリの近くで見かけたものもついでにご紹介しますね。

蜂の巣(Photo by 親鸞会)

まだまだ小さい蜂の巣を発見。あの中に蜂の子がいるんだろうね

蜂の巣です。

まだまだ作りかけのようですが、一丁前に蜂の子の部屋はあるようですね。恐らく黄色のフタがされている中に蜂の子がいるのではないかと思われます。それにしても、親鸞会の敷地の中に巣を設けるとは……何とも仏縁深い蜂ではありませんかっ!!

個人的にはスズメバチでなければOKです。

ではでは。

Tags: , , , ,

ツッコミ大歓迎!