24 8月 2011

Apple Keynote’09のアップデートで2つのエフェクトが追加!

Author: もん太 | Filed under: Macintosh

もん太@射水市民です。

以前にも当ブログで紹介させていただいたApple純正のプレゼンテーションソフト「Keynote」ですが、未だに親鸞会では市民権を得られず、圧倒的与党でMS社のPowerPointにシェアを奪われている今日この頃です。何たって、親鸞会の会合などでプロジェクターを使用してスライドを上映することの代名詞は世間様と同じく「パワポ」もしくは「パワーポイント」ですからね。誰も「キーノート」と言ってくれません。

そんな親鸞会に於いて、かたくなにKeynoteを使っているのはもん太くらいでしょう。公式行事でも無理矢理Keynoteを使っている有り様ですが、PowerPointではできない表現が多々ありますので、そこそこに評判がいいようでございます。

そんなKeynote’09が、今年の7/22に行われたiWorkのアップデートに伴ってアップデートされまして、バージョンも5.1となりました。

Keynote'09(Photo by 親鸞会)

未だに親鸞会に普及しないAppleのKeynote'09がVer5.1にアップデートだよ!

iWorkアプリの中で、ワープロの「Pages’09」と表計算の「Numbers’09」は、Macの新OSであるLion対応にしたくらいである中、「Keynote’09」だけは、新機能が追加されていました。

新機能と言っても、エフェクトが2つ追加になっただけですが、前々からジョブズのプレゼンで披露されてきた、文字が落ちてきてホコリが舞うエフェクトと文字がプラプラしながら落ちていくエフェクトが話題になっていました。それは次のバージョンのKeynote’11あたりで追加になるのではないかと推測されていましたが、Keynote’09内のバージョンアップで適用されてしまいました。

個人的には嬉しい追加ですが、その2つを紹介したいと思います。

1つ目は、ビルドのインのエフェクトに加えられた「アンビル」です。

アンビル(Photo by 親鸞会)

ビルドのインのエフェクトに加えられた「アンビル」

これは、ジョブズのプレゼンで使われていたドスーン&モワモワモワのアレですね。ビルドのインにあるエフェクトには色々とインパクトのあるものがありますが、これは最高にインパクトがあるのではないでしょうか?表現の幅が広がります!!

ちなみに、このアンビルは、文字以外にも図形や画像にも適用することができますよ!

2つ目は、ビルドのアウトのエフェクトに加えられた「フォールアパート」です。

フォールアパート(Photo by 親鸞会)

ビルドのアウトのエフェクトに加えられた「フォールアパート」

これはランダムに文字がプラプラと揺れてから落ちていくエフェクトですね。毎回同じように落ちていないようですので、毎回どうなるかドキドキもののエフェクトでございます。

ただ、文字と図形のみで画像には適用できませんので、画像がプラプラしながら落ちていくのは見られないようですね。

一応、動画でもご覧頂けるように埋め込んでおきます。

どうです?PowerPointユーザーの皆さんもKeynoteを使いたくなられたのでは?

ただ、親鸞会に於いては縦書きができないというのが痛いかもしれません。次のメジャーバージョンアップでは是非とも縦書きサポートを期待したいものでございます。

ではでは。

Tags: , ,

ツッコミ大歓迎!