Warning: Use of undefined constant ‘CONCATENATE_SCRIPTS’ - assumed '‘CONCATENATE_SCRIPTS’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-config.php on line 41

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
親鸞会をビジュアルで発信 » Blog Archive » 親鸞会の四国会館が落慶したぞ!(その2)


14 11月 2011

親鸞会の四国会館が落慶したぞ!(その2)

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

今年、親鸞会には石川県の能登会館を皮切りに、富山県の小矢部会館が落慶し、そして先日、香川県に四国会館が落慶しました!

その度ごとに、お邪魔しているもん太でございますので、四国会館にだってやって参りましたよ!ということで、親鸞会イミズムでは、昨日からその時のレポートをしたためているわけでございます。ところが、射水市から四国までの道中は実に長く、8時間くらいかかっちゃったりしまして、到着する頃には、もん太のLifeゲージは底を尽きかけていたわけでございますね。

そんな四国までの道中で最後の最後にあった瀬戸大橋という、巨大建造物萌えな人種にとっては垂涎モノのトラップで、うっかり道草を腹いっぱい食ってしまいまして、四国会館を目前にして昨日の親鸞会の四国会館が落慶したぞ!(その1)では、そのタイトルからは想像もできないほど、期待を裏切る衝撃の瀬戸大橋写真で埋め尽くされてしまったのでした。いやいや、ご馳走さまでした。

これぞ「九十里は百里の半ばなり」ですね!

……で、この現状に親鸞会ブログ金沢のつどいの管理人かえるちゃんに、こっぴどく叱られまして(?)、今回こそは親鸞会の四国会館へと乗り込んできたいと思います!!(ゴメンよ、かえるちゃん!)

四国会館の看板(Photo by 親鸞会)

かつて国道11号線だった県道33号線沿いに四国会館の看板を発見!

瀬戸大橋を渡ってすぐの坂出北ICを下り、県道33号線に入って走って行きますと、道路沿いに見慣れた配色とデザインの浄土真宗 親鸞会 四国会館」の看板が出現!

ちなみに親鸞会の四国会館の住所は、香川県綾歌郡宇多津町新開2393です。


大きな地図で見る

向こうの高架はJR土讃線で、手前が瀬戸大橋方面です。中には瀬戸大橋を渡る電車もあったりしまして、結構、本数もあるのでございます。その四国会館の看板に導かれて視線を向けますと……、

県道33号線と四国会館(Photo by 親鸞会)

元国道11号線だった県道33号線沿いにあるからアクセス抜群です!

四国会館キターッ!

県道33号線からバッチリと、その威容を拝見することができます。到着したのが夕方だったので、ちょっと暗いんだよね……。

県道から四国会館(Photo by 親鸞会)

県道33号線から親鸞会では共通の看板も会館も見えるよ!

実は、この県道33号線というのは、かつて国道11号線だったものです。香川県で国道11号線といえば、太平洋側でいうならば国道1号線。北陸地方でいうならば国道8号線に該当する車社会の大動脈でございます。現在こそ、国道11号線は南に移ってしまいましたが、それまでの国道11号線ですからね。今でも主要地方道ということで交通量が非常に多いんです。高速道路もJRの駅も近いので、四国全県からもアクセスがしやすい会館でございます。

道路に面した門柱には、

四国会館の門柱(Photo by 親鸞会)

門柱にはメタルな感じに「浄土真宗親鸞会 四国会館」と刻まれているぜ!

こんな感じで「浄土真宗 親鸞会 四国会館」のプレートが取り付けられています。カッコイイぜ!

では、四国会館を外観からチェックしてみましょう!

四国会館(Photo by 親鸞会)

これが「ミニ二千畳」の異名を持つ親鸞会の四国会館だ!

おおーっ!素晴らしいですね。正面がやや丸みを帯びておりまして、親鸞会の正本堂にちょっと似ていませんか?地元では「ミニ二千畳」と呼ばれているそうです。そして、正面に存在感タップリに植えられているのが南国ムードを醸し出すフェニックスの木ですね。ステキすぎます!

ちなみにこのフェニックスのアップはブログ『親鸞会で楽しむ花と緑と心のふれあい』の親鸞会の四国会館にあるフェニックスが南国っぽい!で見る事ができますよ!要チェックやでっ!!

この四国会館を更に横から見てみますと……、

四国会館の側面(Photo by 親鸞会)

これが四国会館の側面です。親鸞会の顕真学院に似ているという声も!

こんな感じに見えます。ミニ二千畳もいいですが、親鸞会の顕真学院にも似ていないだろうか?事実、そういう声も聞こえて参りました。

この日、もん太はあつかましくも四国会館に宿泊させていただきました。そうなれば、闇夜に浮かぶアレが見られるはず!……ということで、外に出てみますと、

四国会館のライトアップ(Photo by 親鸞会)

夜にライトアップしていただきました。いやぁ〜、明るくていいねぇ!

四国会館のライトアップが見られました!

さて、四国会館の外観ばかりご覧いただきましたが、中はどうなっているんでしょうか?……と玄関を入って驚いた!

四国会館の玄関ホール(Photo by 親鸞会)

玄関を入ると親鸞会ではお馴染みの赤絨毯が迎えてくれました!

何と広い玄関ホール!親鸞会ではお馴染みの真っ赤な絨毯が迎えてくれます。2つの入り口から仏間に入りますが、右奥に正本堂の総合案内に似ているカウンターがございますね。更に、左奥には給水コーナーが。ステキな絵画も掲げられ、真実の仏法が説かれる場所としての荘厳として相応しいですね。このホールにあるテーブルと椅子では、ちょっとおときを頂きながら仏法の話に花を咲かせる事もできるんですよ!

では、仏間に入ってみましょう。

四国会館の仏間(Photo by 親鸞会)

四国会館の誇る60畳の仏間。御本尊は勿論、六字の御名号です!

これが四国会館の誇る60畳の仏間!お仏壇も立派です。御本尊は勿論、親鸞聖人がなされた通りに南無阿弥陀仏の六字の御名号です。

そういえば、親鸞会の会館のお仏壇上に掲げられている書は、それぞれに異なっており、能登会館なら「本願他力」、小矢部会館なら「大悲願海」でしたね。

そして、四国会館は、

忍終不悔(Photo by 親鸞会)

四国会館のお仏壇の上には「忍終不悔」の書が掲げられている

「忍終不悔」でございます!

……とまあ、何ともステキな四国会館ですが、次回は、この会館で行われた懇談会についてレポートできたらと思っております。

ではでは。

【四国会館レポートのバックナンバーはこちら】

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , ,

2 Responses to “親鸞会の四国会館が落慶したぞ!(その2)”

  1. かえる Says:

    おお~!
    待ってました!
    新聞では会館の全貌がわからなかったので、
    楽しみにしていたんですよ。

    ステキですね~

  2. monta Says:

    これで、「その1」の無礼をお許しいただけますかぁ~?
    喜んでいただけて幸甚です。
    是非、拝観に行ってみてくださいね!

ツッコミ大歓迎!