6 3月 2012

親鸞会 小矢部会館にホットなアレが仲間入りだよ!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

あの大雪は何だったんだと思うくらいに今日の富山県は暖かく、気温も10度を超えております。コートを着ていると汗がじんわりと滲んでくるので「だったら、脱げばいいじゃん」と突っ込まれそうですが、何か知りませんが今日はコートを着て歩いておりました。車は冷房をかけたくらいなんですけどねぇ……。しばらく、季節の変わり目で寒暖の差が激しそうですので体調管理には気をつけたいものです。

さて、親鸞会の機関紙『顕正新聞』で、ほぼ毎号といっていいくらいに紙面を賑わせているのが小矢部会館だったかと思いますが、何かと話題の尽きない熱〜い会館でございますね。そんな小矢部会館も無事に3月を迎えまして、門前の掲示板には、新たに3月分の「親鸞聖人に学ぶ聞法のつどい」の日程が張り出されていました!

掲示板(Photo by 親鸞会)

小矢部会館の掲示板は3月分の日程に張り替えられていました

小矢部会館の掲示板には、毎月、お聖教のお言葉が掲示されておりますが、今月のお言葉は、

難思の弘誓は難度海を度する大船(親鸞聖人)

でした。

2月は小矢部会館の駐車場の半分は大量の雪で覆われていたのですが、3月に入って暖かい日が続いたということもあって綺麗に融けたようです。

駐車場(Photo by 親鸞会)

雪で覆われていた会館東側の駐車場の雪も融けておりました

この日も講演会が午前から午後にかけて勤められておりましたので、ちょっと昼休みにお邪魔してみました。しばらく前にも、やっぱり昼休みに行ったんですが、今回は少々、様子が違っていました。

おとき(Photo by 親鸞会)

講演会の昼休みはコタツに入って、おときを頂きました♪

なんと、コタツが奥の和室に登場していたのです!親鸞会が結成された頃から、高森顕徹先生より親鸞聖人の教えを聴聞してきた法友がお布施されたものだそうで、早速、講演会に参詣された皆さんがコタツに足を入れて、おときを食べておられました。

日本の冬は、やっぱりコタツ!コタツに足を突っ込んでぬくぬくしながら一家団欒というのが何とも風情がありますが、もん太もコタツが大好きです。いつの間にか寝ちゃったりするのがコタツなんですけどね。ホント、布団も温かくて寝てくれと言わんばかりに快適な一時を過ごすことができるのです!

小矢部会館は、地元の親鸞会の法友に愛されておりますので、そんな所にコタツが登場!ますます、居心地良くなってしまいますね!

そして、おときが終わると主婦軍団がイソイソと隣の台所へGo!

台所(Photo by 親鸞会)

食後、台所ではコーヒーが入れられていました

小矢部会館では食後のコーヒーが名物なのか、以前も頂いたことがあります。人数分のコーヒーを用意して、振る舞ってくれます。コーヒーはやっぱりコタツの部屋で……。

そういえば、コタツと言えば親鸞会の黎明期を思い出しますね。

コタツ(Photo by 親鸞会)

会館のコタツで語る様子は、親鸞会の黎明期の座談会を彷彿とさせますね♪

まあ、もん太は黎明期の頃は生まれてもいなかったのですが、当時は小さな会館でコタツを囲んで高森先生が座談会をしてくださったという話をよく聞きます。この時は、法友の持ち寄ったミカンやお菓子で一服しながら、午前の講演会の内容について語り合っておられました。非常にリラックスした雰囲気でいいですね!

小矢部会館に暖かいスポットが仲間入りですね!

ではでは。

Tags: , , ,

ツッコミ大歓迎!