31 3月 2012

親鸞会のジュニア達が正御本尊ご下附式

Author: もん太 | Filed under: 同朋の里

もん太@射水市民です。

明日から4月!そう、新年度ですっ!

この時期になると、幼稚園から小学校、中学校、高校、大学……と、いわゆる新生活ということで、新年を迎える以上に大きな変化がやってくるものでございますね。そりゃもう、新生活で何かとワクワクと期待しちゃったりするものかと思います。そう、「友達100人できるかな♪」なんつってね。まあ、最近ならSNSの友達で満足しちゃったりするかもしれませんが……。

そんな新年度を迎えるに当たって、もん太も何かとワクワクソワソワしていたものでございます。そう、富山県立大学を出るまではネ!

一度、社会人になってしまいますと、なかなか新年度と言ってもピンと来ないものでございまして、通勤途中に「あれ?小学生を見かけないな」と春休みになったことに気づいたり、5月くらいに自動車税と固定資産税なんかの徴収があったりして、やっと暗い新年度に気づいたりするようになるわけです(アレ、結構、サイフにきびしいんだよぅ!)。後は、桜やスギの花が満開になることで春を感じるくらいカナ?(てへっ♪)

……で、そんなこんなで新年度というものに非常に鈍感になって十数年が経過するわけですが、この時期に親鸞会の正御本尊ご下附式に参加すると案外、新年度というものを感じられたりするものでございます。

正御本尊(Photo by 親鸞会)

新年度になって最初の正御本尊ご下附式が行われました

明日にご法話を控えて、全国各地から親鸞学徒が続々と射水市に集って来られたわけですが、同朋の里のF館では年度末の正御本尊ご下附式が行われておりました。もん太も参列したのですが、真宗難民だった方もおられれば、今まで仏とも法とも知らなかった方が親鸞会とご縁があって、仏縁を結ばれ今日を迎えられた方もおられました。

そんな、本日、親鸞学徒となり正御本尊のご下附を受けられる人たちの平均年齢がやけに若いことに気づきました。そう、ティーンエイジャーが多かったのでございますよ!

明日から新年度……、親鸞学徒の家に生まれ幼い頃から朝晩の正信偈の勤行をして、親鸞聖人の教えを聞いてきた親鸞学徒Jrが多く参加していたのでございます!ご法話の時には子供たちは子供部屋に預けられて親御さんは聴聞に集中するわけですが、その親鸞会の子供部屋出身者が肩を並べていたのでございます!!

ご下附(Photo by 親鸞会)

親鸞会の子供部屋を巣立ったJrたちも親鸞学徒としての気持ちを新たに!

そうかー、もん太が世界で最も親鸞会に近い大学である富山県立大学で、親鸞会とご縁があって「なぜ生きる」の解答をハッキリと知って聞法を始めた頃、チーチーパッパのヨチヨチ歩きだったあの子たちが、スーツにネクタイ姿で正御本尊のご下附を受けているのです。一気に自分が老け込んだ気にもなりましたが、大学に入学するのをご縁に親鸞学徒として、人生の目的を果たそうと光に向かって進む彼らが輝いて見えました!そうか、あの富山県立大学生だったもん太と同年代になったんだねぇ……(しみじみ)。

感動のあまり、親鸞会の子供部屋出身者の皆さんの記念写真まで撮っちゃいました♪

子供部屋出身者(Photo by 親鸞会)

新年度で大学などに進学して親鸞学徒として求める期待の星!

う〜ん、まぶしいゼ!

子供さんのご下附を見つめる親鸞学徒の親御さんたちは、目を細めて何とも言えない良い顔でいらっしゃいました。もん太も、まだ1歳半ほどの子供がおりますが、立派な親鸞学徒に育てなければっ!と決意しております。

さて、同じ同朋の里では、明日のご法話の施主である西日本と海外の法友がバイキングを楽しんでいらっしゃいました。

百味館(Photo by 親鸞会)

百味館では西日本や海外の親鸞会の法友がバイキングを楽しんでいました

これまた、非常に身体によいものを好きなだけ頂けますからね。ついつい食べ過ぎちゃいます。そりゃもう、遠路はるばる富山まで参られたわけですからね。しっかり食べてゆっくり休まれないといけませんね!

会食会(Photo by 親鸞会)

手前は九州の熊本付近から来られた親鸞会の法友。ご満悦ですね!

さて、明日もしっかりと聴聞させていただきましょう!!

ではでは。

Tags: , , , , ,

ツッコミ大歓迎!