16 4月 2012

親鸞会で竹の子料理講習だよ!

Author: もん太 | Filed under: 同朋の里

もん太@射水市民です。

昨日はテレビ座談会で、高森顕徹先生より聞かせていただいた正信偈のご説法についての質問に1日お答えいただきました。

そして、4時にテレビ座談会が終了後、ご縁のあった法友が親鸞会の百味館に集まって、今が旬の竹の子料理の講習が行われましたよ!

そういえば、竹の子料理といえば、親鸞会の機関紙『顕真』に、この時期になるとかならずレシピが掲載されていますね。確か親鸞会のお料理倶楽部というサイトの中の世界一美味しい竹の子料理というコーナーにも作り方が紹介されていたかと思いますが、ビミョーに『顕真』とも異なります。

もん太の周辺でも、何度も『顕真』と睨めっこして調理しても「あの味」が出ないと悩んでいる人を多く見てきたような気がしますが、どういう訳でしょう?どこか文章にできない秘密があるとか……と疑ってみたりしたりしなかったり……。そんなわけで、惣菜店を経営している法友に講師をして頂いて竹の子講習が設けられたというわけですね。

これで、アナタも竹の子料理を美味しく作る秘訣をマスターだぜ!!

竹の子(Photo by 親鸞会)

親鸞会の百味館厨房にて、竹の子料理の講習が行われました♪

……で、竹の子の皮をむく所からスタート♪大きな竹の子だなぁーと思っても皮をむいてしまうと案外小さなものです。皆さん、竹の子の皮むきの仕方を知っていますかー?まずは、ここからですね。

お次は、竹の子を切る練習です。ここは、数名の法友が包丁を手にカットしていました。結構、ざっくりと切っていたように思います。

実践(Photo by 親鸞会)

竹の子の皮むきから切り方までハンズオンセミナーみたいなものです

この竹の子のカットをしている別のコーナーでは、竹の子味噌煮に書かせない「竹の子昆布」の下処理が行われていました。何と、こちらには高森先生もいらっしゃって自ら竹の子昆布を手にされて、シワの延ばし方、表面の塩の落とし方を教えてくださいました。先ほどまで座談会で1日、質問に答えてくださった後でしたが、竹の子料理講習で最初から最後まで、一緒に教えてくださいました。みんな感動です。

竹の子昆布(Photo by 親鸞会)

味噌煮に必須の竹の子昆布の下準備が、実はとても重要だった!

当初は、竹の子味噌煮だけの予定でしたが、ついでに竹の子ご飯なんかも作っちゃいました!

竹の子ご飯(Photo by 親鸞会)

竹の子の味噌煮だけではなく、竹の子ご飯も作られていました

さて、先ほど下処理をした竹の子を火にかけていくわけですが、強火にしたり、中火にしたり、またまた強火にしたりとタイミングがなかなかに難しいのです。

そして、今回の竹の子料理講習で有り難かったのが、途中の節目節目で味見ができたことです。火にかける前でも味見、少し火を通して味見……という感じです。最初は、薄すぎて決して美味しくない味噌汁のような味なんですが、高森先生は「この味をよく覚えていってネ!」と味見をさせてくださいました。確かに味は『顕真』でどれだけ頑張っても表現できませんからね。これは、講習に参加しなければ分かりません!そして、ポイントでは「ここでよく失敗するんだヨ」と念を押して教えてくださいました。

竹の子味噌煮の調理も終盤になってきて、竹の子昆布の投入です!

解説中(Photo by 親鸞会)

火の通し方や竹の子昆布の入れるタイミングなど細かく指導!

先ほど、下処理したパーフェクトな竹の子昆布が、ここで投入でございます。入れるタイミング、水量など、絶妙なさじ加減が要求されます。その時に、お手本として見せられたのがこれ。

竹の子の味噌煮(Photo by 親鸞会)

非常に難しい竹の子の味噌煮の調理。竹の子昆布の入れ方も難しい

この状態で灰汁(アク)も取らず、混ぜず、煮るわけですね。

どうしても、竹の子料理は竹の子を湯がいて灰汁を取ってから味付けしてしまうんですが、それでは、折角の竹の子の味を捨てているようなもの。竹の子の味は、渋柿のシブが干柿になると甘味になるように、灰汁がそのまま旨味になるんですよね。まさに、「転アク成善」!

そうして、調理が終了し、試食に向けて盛り付けです。

盛り付け(Photo by 親鸞会)

調理も終わって皆で盛り付けしました。さすがに笑顔です!

ずっと真剣にメモを取りながら講習を受けていた参加者も、美味しそうな香りが漂ってニコニコです。

……で、これが今回作った竹の子料理です。

竹の子料理(Photo by 親鸞会)

今回、調理した、竹の子ご飯、竹の子味噌煮、竹の子味噌汁の3点

本当なら、竹の子味噌煮は1晩置くと竹の子昆布が溶け込んで美味しくなるのですが、さすがにこれを食べる為だけに親鸞会の同朋の里に一泊するわけにもいきませんので、この時点で試食!それでも、上手にできていれば十分に美味しいのです!

そして、高森先生と一緒に全員で試食をしました。

試食(Photo by 親鸞会)

作った竹の子料理を早速試食!みんな、満足げでございます

夕飯タイムと重なって竹の子三昧の夕食でした♪

これで、皆さんも家に帰って美味しい竹の子料理ができる……かな?

ではでは。

Tags: , , , , , ,

ツッコミ大歓迎!