5 6月 2012

親鸞会の初夏を探しに行こう!

Author: もん太 | Filed under: 同朋の里

もん太@射水市民です。

今年は、スーパームーンやら金環日食なんかがあって、天体ショーの当たり年のような気がしますが、その辺は世間サマに便乗してもん太も撮影しちゃったりしているのは過去のブログ記事をご覧いただければ、もん太の浮かれっぷりが分かられると思います。

もう、浮かれるにも程があるってほど浮かれきっているのですが、そんなもん太も難度海に沈み切っていると教えられますので、光明の広海に浮かぶまで聞法精進したいと思います。

……で天体ショーで浮かれきっているついでですので、昨日予定されていた(?)部分月食を撮ろうと思いまして、日没の頃に親鸞会の同朋の里に行ったのですが……、

満月(Photo by 親鸞会)

昨晩は月食だったようですが、雲で見れませんでした(涙)

日中、あんなに天気が良かったのに分厚い雲に覆われて、雲越しに月明かりが見えるんじゃないかって思ったんだけど、それすらも見れませんでした。ちなみに上の写真は、夜の11時頃にもん太宅の窓から手持ちで撮った月。周囲がボンヤリ明るいのは、うっすら雲がかかっているからです。まあ、とっくに月食が終わってから出てきてもらってもねぇ。

重役出勤にも、ほどがあるってもんです!

みんなが注目しているからって、いい気になるなよ!……と言いたいのですが、悪いのは月ではなくって富山の上空にあった雲なんですよね。ゴメン、言い過ぎた、月。

そんなもん太の、浮かれついでの天体ショー撮影3連発を見事に阻んでくれた富山の雲でございますが、こんなことにくじけるもん太ではありません!

なんと明日には「金星の太陽面通過(日面通過)」っていう、チョー珍しいんだけど、チョー地味な天体ショーがあるので、それにもチャレンジしてみようってワケです。まあ、日食が太陽と地球の間に月が割り込んじゃって太陽が欠けて見えるっていう現象なんですが、これは金星による日食ですね。太陽と地球の間に金星が「ごめんあそばせー」と通り過ぎるだけなんですが、それにみんな沸いているわけですよ。

金星は月よりも遠いので、すごく小さく見えるわけで、そんなもんが太陽の前を横切ったからと言っても、ホクロみたいなもので、地球上は暗くもならなければ、言われなければ気づかない地味過ぎる天文ショーなんです!

まあ、それに向けてもん太が準備しているのは、前回の日食で使ったアイテム。

NDフィルター(Photo by 親鸞会)

金星の日面通過は日食同様、ND8とND400のコラボでアタック予定!

Kenkoの「ND400 Professional」とマルミ光機の「DHGライトコントロール8」です。上の写真では、一応右がND400。

ライトコントロール8は光量を1/8にしてくれるNDフィルターなんですが、これは滝の撮影などに重宝しております。しかし、ND400は光量を1/400にするNDフィルターですが、こんなものは太陽撮影くらいにしか使いませんので、是非とも明日は、曇りでもどっかで太陽が出てきてもらいたいと願っております。

この2枚を重ねてレンズに装着。

NDフィルターの2枚重ね(Photo by 親鸞会)

ND8とND400をこんな感じに重ねてレンズに装着します

これにより、1/8×1/400で光量は1/3200になります。これで、十分太陽は撮影できるのですよ!

富山市天文台によれば、金星の太陽面通過は、7:10頃から通過が始まり13:47頃まで絶賛開催中らしいので、そのうちのどこかで撮れればと思っております。天文台のホームページでは「一生に一度きり?!」と迷いのある見出しで煽ってくださっていますので、是非ともチェックしたいと思うよ!次の金星の太陽面通過は105年後ですので、富山市天文台さんには、変な気を遣われずに迷いなく「一生に一度きり」と断言してもらっていいと思います。ホームページを見るような歳の人は多分生きていないと思う。

……で、その前に親鸞会の同朋の里で初夏を探してきました。

遊歩道の入口(Photo by 親鸞会)

親鸞会の遊歩道の入口。一歩入れば、爽やかな森の風が迎えてくれます

今年の雪はだいぶ粘ったので、かなり遅くまで雪がありましたが、もう6月ですからね。緑に覆われて遊歩道も今が旬!

初夏なので、花は少ないんですが、緑が美しいのです!ほら、上を見てごらん!

カエデ(Photo by 親鸞会)

遊歩道で上を見れば、緑のカエデが目に鮮やかです♪

若葉のカエデを初夏の日差しが透き通っています。更に、同朋の里で多く見られる朴の木も、

朴(Photo by 親鸞会)

葉が人の顔ほどもある朴の木の下で。まるで緑のステンドグラス♪

こんな感じで、緑のステンドグラスですね!ちなみに、朴は韓国人のパクさんじゃなくって「ホオ」という植物ですからね!葉が人の顔ほどもある大きなものなんですよ!

この朴が美しくて、遊歩道をどんどこ歩いていきます。そういえば、昨年の親鸞会の親鸞聖人750回忌法要に向けて整備されて歩きやすいんですよ。

遊歩道(Photo by 親鸞会)

親鸞会の親鸞聖人750回忌法要に向けて整備された遊歩道は快適だ!

こんな味のある遊歩道で見上げると、また、朴の葉を発見!

朴葉(Photo by 親鸞会)

高山名物である朴葉味噌の朴葉も、若葉はこんなに美しいんですね!

朴の葉と言うと、高山名物の朴葉味噌だったかと思いますが、アレって茶色の葉っぱなんですよね。その葉っぱもこんなにみずみずしい色をしていた頃があったのです。本当に綺麗ですね。放射状に葉がついているのもまたイイです!

そして、遊歩道から親鸞会のダムに到着。

鯉の稚魚(Photo by 親鸞会)

親鸞会のダムには鮎ほどの大きさの錦鯉などの稚魚が群れになっていた

ダムの湖面に、何やら小さいものが見えると思ったら、鯉の稚魚が群れになっていました。大きさは鮎ほどでしょうか?錦鯉の稚魚も多いので色鮮やかです。ちょっとダムの水が濁っているのが残念ですが……。C-PLフィルターで湖面の反射を極力抑えて撮ったんですが、こんな感じですね。

そして、ダムの法面には、

シロツメグサ(Photo by 親鸞会)

ダムの法面にはシロツメグサが絨毯のように咲き誇っていたよ!

シロツメグサの絨毯!ちょっと旬は過ぎてしまって、花の下が茶色くなってしまっていますが、それでも綺麗ですよ!

ダムの下にある池に到着すると、これまた湖面に何かしら動くものを発見!

鯉(Photo by 親鸞会)

親鸞会のダムの下にある池にも鯉の稚魚を発見!流されてきたのかな?

こちらも数は少ないですが、鯉の稚魚でした。

かつて、放流塔から流されてきたのでしょうか?こちらはこちらで独自の文化を築いているようですね。ただ、この周囲にはカワセミが住んでいますので、食べられなければいいんですがね。もん太が撮影している間にもカワセミの鳴き声があちこちからしていました。ただ、もん太がいたので近づいてこなかったですけど……。

そんなわけで、初夏の同朋の里は気分転換に最高でした!

皆さんもぜひどうぞ!

ではでは。

Tags: , , , , , ,

ツッコミ大歓迎!