5 7月 2012

親鸞会の十勝帯広会館が落慶したぞ!(その2)

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

さて、前回から親鸞会にとって北海道で初の会館「十勝帯広会館」の落慶レポートをしておりますが、よくよく考えてみれば、この十勝地方に来るのは初めてなんですよね。当ブログの2年ほど前の記事に「一人旅で北海道ロケ2300km!」というものがあり、ここから数回に分けて、北海道ロケの様子をレポートしたんですが、札幌、函館、旭川方面しか行ってないんですよね。そういう訳で、もん太未踏の地でございます。

前回は、かなり工場萌えな内容になってしまいまして、十勝帯広会館の様子が分かるのではないかと期待されていた皆さんには大変申し訳ない結果になってしまいましたが、今回は、ババンッと紹介してみたいと思います。まあ、前回は深夜に到着しましたからね。今回は、朝の様子からお見せしたいと思います。

まずは、親鸞会では最北端かつ最東端の会館である「十勝帯広会館」のビジュアルをどうぞ!

十勝帯広会館(Photo by 親鸞会)

親鸞会では北海道初の会館「十勝帯広会館」でございます!

どうです、立派でしょう?

十勝帯広会館は市街地からのアクセスもよく、どなたでも親鸞聖人の教えを聞きに来やすくなっています。

この会館の特徴は何といっても看板でしょう!道路沿いには他の親鸞会の会館に見られない丸い看板があり、そこには「浄土真宗 親鸞会 十勝帯広会館」と書かれています。そして、会館の2階までの高さと殆ど変わらない7mの大看板が屋上に聳えています。そこには「浄土真宗 親鸞会館」と書かれています。

十勝帯広会館の大看板(Photo by 親鸞会)

十勝帯広会館の屋上に聳える高さ7mの大看板は遠くからもハッキリ見える

ご覧のとおり、圧倒的な存在感で十勝の真宗難民を招いてくれます。500m離れていても見えるようですし、近くを走る電車の車窓からもバッチリ見えるようです。

さて、十勝帯広会館に入ってみましょう!

十勝帯広会館の玄関(Photo by 親鸞会)

玄関を入ると、左に講堂へ上がる螺旋階段、右に下足棚などがある

玄関を入ると、親鸞会の会館でお馴染みの赤い絨毯が迎えてくれます。左には2階の講堂へ上がる螺旋階段があります。オシャレですね!

右の扉を開けると広い空間があるのですが、壁沿いには多くの参詣者の靴を置ける下足棚が用意されています。これ、十勝に住む親鸞会の法友による手作りなんですよ!

十勝帯広会館の下足棚(Photo by 親鸞会)

十勝に住む親鸞会の法友による手作りの下足棚が凄かった!

壁には親鸞会の彼岸橋の絵が掲げられています。北海道に居ながら同朋の里気分ですね!

この十勝帯広会館の特徴は1階から3階へと続く螺旋階段なのですが、

十勝帯広会館の螺旋階段(Photo by 親鸞会)

3階まで続く螺旋階段はガラス張りで実に明るい!

ガラス張りなので、開放的かつ明るい!この会館の自慢の階段ですね!

では、会館の命でもある御仏壇にお参りしてみましょう。2階の講堂にございます。

十勝帯広会館の御仏壇(Photo by 親鸞会)

見事な御仏壇。上には「摂護光明」の書が掲げられている

親鸞会の会館の御仏壇の上には、各会館ごとに異なる仏語の書が掲げられているのですが、十勝帯広会館には「摂護光明」です!御仏壇も見事な金仏壇ですね。勿論、浄土真宗の正しい御本尊である南無阿弥陀仏の御名号本尊が御安置されております。

さて、十勝帯広会館の御仏壇を拝見していると、何か気になることがありますね?

仏具は親鸞会の鷲のマーク入りなんです!

マーク入り仏具(Photo by 親鸞会)

香炉や花器など、親鸞会の鷲のマーク入り仏具で荘厳されています

香炉、飾り香炉、花器などなど、御仏壇を荘厳している仏具には、紺色の鷲のマークが彫り込まれているのです。これは良いですね!

そして、講堂の後方にもまた、親鸞会の会館に共通しての「無上道」の額が掲げられています。

講堂の後方(Photo by 親鸞会)

講堂の後方には親鸞会の会館共通の「無上道」の書が掲げられている

その十勝帯広会館にて、6月27日に高森顕徹先生が急遽お勤めくださったテレビ座談会も行われました。

テレビ座談会(Photo by 親鸞会)

6月27日には、初のテレビ座談会が勤められました♪

富山県の親鸞会から遠く離れた北の大地でも、高森顕徹先生が明らかにされる親鸞聖人の教えをハッキリと聴聞させていただくことができました。

この翌々日に高森顕徹先生を十勝帯広会館にご招待しての懇談会が行われるのですが、スクリーンの中の高森先生のお姿を見て十勝の法友が「明後日、ここにスクリーンの中の高森先生がいらっしゃるとは夢のようだ」と喜ばれている法友が印象的でした。

さて、そんなテレビ座談会ですが、北の大地とはいえ非常に暑い日に勤められました。気温だけ見ると富山と大して変わらないのですが、親鸞会の会館に掲げられている温湿度計を見ると、

温湿度計(Photo by 親鸞会)

親鸞会の会館で見られる温湿度計。湿度の低さに驚く!

湿度がめちゃめちゃ低いのに驚きました。富山なら70%は軽く越えていますからね。道理で暑いのにカラッとしていると思いました。

十勝帯広会館……、ジメジメせずに非常によい環境ですね。

ではでは。

 

続きはコチラ→親鸞会の十勝帯広会館が落慶したぞ!(その3)

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , , , , ,

ツッコミ大歓迎!