15 7月 2012

親鸞会の富山会館のリフォーム工事が絶賛進行中!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

早いもので7月も半分が過ぎてしまいました。それにしても暑い!

前回まで当ブログでは、北海道初の親鸞会の会館「十勝帯広会館」のレポートをしておりましたが、射水市の気温30度と帯広市の気温30度の違いを、現在まざまざと思い知らされております。何が違うって、倍ほど違う湿度ですね。湿度1つでここまで不快指数が違ってくるとは思ってもみませんでした。あぁ、また帯広に行きたい……。

……で、7回も使って十勝帯広会館のことを話題にしてきましたが、北海道から戻ってきたのは7月1日のこと。言うまでもなく、それから今日まで色々とあったわけですが、十勝帯広会館の落慶の話題が豊富すぎて、追いついていません。ですから、今から遡ってネタにしたいと思います。

今月に入って、十勝帯広会館と北海道会館のことを記事にしてきたものの、もん太にとってホームグラウンドは富山県。忘れちゃいけないのが富山会館の建立なんですよね!その富山会館の建立にはもん太も参加させていただいておりますので、大詰めの打ち合わせ会合が7月5日にリフォーム工事まっただ中の富山会館にて行われましたので、ちょっと現状を紹介しましょう!

会合そのものは夜に行われましたので、外の様子は非常に暗いのですが、まあ、夏ですからね。日は長いのですよ。一応、外構工事の様子もカメラに収めることができました。

外構工事は会館の庭のプロフェッショナルである親鸞会のスタッフが担当です。

富山会館(Photo by 親鸞会)

富山会館の外構工事は親鸞会スタッフが担当。手前にカーポートの予定

手前に見えるちょっと広いスペースには、親鸞会の敷地に生えている木々でカーポート(車庫)が造られます。富山会館の周辺は、富山市の中でも、ちょっと雪が多いので助かりますね。富山県は雨も多いので屋根付きは良いですね。

それから、以前も紹介した庭の様子です。会館の左手には親鸞会の会館でもトップクラスの庭園が!

富山会館の庭園(Photo by 親鸞会)

富山会館左手には、親鸞会でもトップクラスの庭園が姿を現す

まだ、芝生は張ったばかりなので、目土が見えてしまっていますが、段々と馴染んでくる予定です。以前に紹介したものよりも芝生がある分、良いですね。手すりも有り難いです。

これを奥から見ると、

富山会館の歩道(Photo by 親鸞会)

会館と庭園の間などにも、インターロッキングの歩道が整備されました

庭園から玄関方面に向けて、インターロッキングの歩道が整備されています。これで、芝生の中を歩いて傷めることもなく手前の駐車場から歩いていくことができます。ちょっとしたベンチも嬉しいですね。

さて、中に入ってみましょう!

玄関(Photo by 親鸞会)

手前に簀子を敷く予定でしたが、低い段を造って格段に良くなった玄関

まずは玄関ですが、もともと広い玄関でしたが、大きな下足棚が置かれても、廊下まで簀の子でも敷かないと行けない状態でした……が、ご覧のとおり、低めの段を造って廊下から離れた下足棚を使っても段の上を歩いていけるという仕組み。更に右手には腰掛けて靴を履けるようにもなっています。

そして、廊下に進めば左手に講堂、右手にちょっとしたスペースがあったのですが、そこは廊下との扉がないオープンな「談話室」になります。

談話室(Photo by 親鸞会)

講堂と廊下を挟んで設けられる談話室。バリアフリー&赤絨毯に!

この談話室と廊下の間には、ちょっとした段差があったのですが、それがつまずき易いということで段差をなくしてバリアフリーに!更に、ヒノキのフローリングでしたが、親鸞会の会館らしく赤絨毯が敷かれて滑りにくくなりました。

この談話室には、円卓なども置かれて、ちょっとした仏法讃嘆もできるようになります。その時には、おときを頂きながら語るのもヨシ、ということで、右奥に小さな手洗いも用意されました。中央に見える階段の所には壁掛けテレビが設置できるようになっており、配線も埋め込まれております。多くの参詣者で講堂に入り切れない場合は、この壁掛けテレビに中継し、ここでも聴聞ができるようになっているのです!この音響映像に関しては、聴聞に関わることですから一切妥協はしません!

また、今回のリフォームで大きな工事といえば、キッチンの移設です。

キッチン(Photo by 親鸞会)

移設したキッチンも馴染んでいた。ここでミニおときもバッチリ!

元々、廊下から講堂の入口に向かって右側にあったキッチンを、左側の控え室に移設し、入れ替えました。こうすることで、講堂に入って右側にある御仏壇側に講師の控え室ができることになり、講師の方の出入りがスムーズになります。そして、元々のキッチンを有効活用できるのです!

そして、会館に必要なのはトイレ!親鸞会の会館には多くの参詣者が集まりますので、どこもトイレの数は多めです。富山会館には、もともと1つしかなかったので増設しました。ただ、スペースは限られているので、1階にあったバスルームを撤去し、更に厚いコンクリート壁で仕切られていた物置も壁を壊してトイレにしました。

まずは、男性トイレ。

男性トイレ(Photo by 親鸞会)

元々、1つの洋式便器があった所を拡張して男性トイレに!

左手に小便器が2つ取り付けられます。出入口が2つあるように見えますが、右にあるのは直接廊下に出られる出入口。左は、身障者用トイレを兼用した大便器が設置されます。つまり、男性の大トイレには直接廊下に出られる出入口と男性トイレに入ることのできる出入口と2つがあるということです。これも、スペースの有効活用です。

そして、女性トイレ。

女性トイレ(Photo by 親鸞会)

柱から手前にコンクリ壁があったのを破砕して女性トイレに化けた!

中央付近に洗面台がありますが、これは以前からあったものです。手前にはバスルームがあったのですが、一般の参詣者には必要がないので、勿体ないけど撤去しました。そして、中央の柱より右側には物置があり、柱より右手前にかけて分厚いコンクリート壁がありましたが、それも構造上問題なしということで撤去し1つの空間に。女性用の便器は3つ設置できることになりました。

そして、2階。

富山会館2階(Photo by 親鸞会)

右の部屋はもともと壁がなかったんだけど、ちゃんと部屋になりました

右側から階段を昇ってくるのですが、左手にある出入口は元々あった部屋です。中央に見える出入口はもともと存在せず、ここは壁もなくて大きな空間がありました。ここに壁が付けられ会館の管理者の為の居住スペースとしました。

居住スペース(Photo by 親鸞会)

会館を管理される方が住む居住スペースも充実!住みたくなってきた!

これが居住スペース。小型キッチンもあり洗面所やバスルームも完備です!ちょっと住みたくなりました。

これも、もん太の大学時代からの法友の手によるものです。聞法道場にはどういうものが必要か知り尽くしているので、非常に頼もしく、仕事も細部にわたって丁寧です。

落慶が楽しみですね!

ではでは。

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , , , ,

ツッコミ大歓迎!