2 11月 2012

親鸞会の福井会館が落慶したぞ!(その4)

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

毎度のことながら遅々として、なかなか話が進まない親鸞会イミズムの会館落慶レポートですが、親鸞会の福井会館も例外なく遅々としております。……で、やっと4回目にして勤行スタートです。

時間になりますと、遷仏会同様に麗しき女性が両側から登壇して、開屏です。

開屏(Photo by 親鸞会)

遷仏会と同じく麗しき女性によって御仏壇の開屏でスタートです!

そして、高森顕徹先生と共に正信偈の勤行をいたしました。

その後、いよいよ座談会です。

親鸞会の会館落慶には、もはや名物となっても過言ではない特大の現地地図が用意されて、かつての高森先生のご法話会場をプロットしているのですが、それでも幅は模造紙の横幅サイズでした……が、福井会館は親鸞会でも特大の会館ですので、そんな地図では後ろの人が見えんぞ、ということで、模造紙の倍の横幅のものを用意。特大の福井県全図を使って、かつての法輪の拡がりを振り返りました。

福井地図(Photo by 親鸞会)

特大の福井県地図を使って、親鸞会の法輪の拡がりを振り返りました

何でも高森先生が初めて福井県でご説法をされたのは、昭和23年のことだったそうです。

龍谷大学の学生であった高森先生は、当時から本願寺の門前などで辻説法をされており、それを聞かれた方が、各地に招待されて法輪が拡がっていったというのは有名な話です。福井は、この龍谷大学の学友であった方が、小浜市にある実家の寺に招待したのが始まりだったとか。地図を見ると、高森先生のご法話会場は嶺北に集中しているので、嶺南にある小浜市だったというのにビックリです!

昭和23年といえば、太平洋戦争で敗戦して間もない混乱期で、更に福井県には大震災が起こった年でした。福井の方々にとっては大変な時期だったのですが、その年に高森先生は初めて福井に招待されたんだそうです。

参詣者(Photo by 親鸞会)

満堂の参詣者は晩・朝・昼と連日のご布教の歴史に感動しました

そして、福井県といえば忘れてはならないのが福井大学!

最近の寺にはご年輩の方ばかりで若い人が寄り付かないと言われますが、親鸞会に参詣された方は、若い人が多く参詣しているのに驚きます。それも大学生や高校生なども参詣しているのに驚くようです。

蓮如上人は、仏法は若き時たしなめとご教導くださいますが、無常の世の中ですから、若い時から後生の一大事の解決を教えられた仏法を聞くのは非常に大切なことです。当時の高森先生のご法話を聴聞した大学生が、大学の友人たちにも聞いてもらいたいと浄土真宗のサークルを立ち上げたのが福井大学だったようです。そこから、全国の大学に親鸞聖人の教えが拡がっていったのですが、その黎明期の皆さんも駆け付けていました。

福井大学OB(Photo by 親鸞会)

福井大学からスタートした学生サークルのOBも駆け付けました!

この福井大学のOBの皆さんは、現在は親鸞会の重鎮の方々ばかり。中心となって親鸞聖人の教えを伝える講師になられたりしています。

そして、福井会館に掲げられている親鸞聖人の教えの一枚看板「平生業成」の意味について聞かせていただきました。

恩徳讃(Photo by 親鸞会)

座談会の最後には、全員で恩徳讃を歌って終わりました

恩徳讃を歌って座談会終了後、外に出て記念写真。数回に分けて撮った後、参詣された皆さんでグチャグチャになって更に1枚。それがこれだ!!

集合写真(Photo by 親鸞会)

福井県で活躍する親鸞会の法友が集まって記念写真をパシャリ!

もう、誰が誰だか分からないですね。皆さんのパワーを感じました。

記念撮影終了後には、おときと紅白まんじゅうが配られました。

おとき(Photo by 親鸞会)

参詣者には、赤飯のおときと、三國屋の紅白の酒饅頭が配られました

親鸞会の会館落慶ではお馴染みのお祝いセットですね。赤飯に紅白饅頭です。赤飯弁当は富山県の名店であるあんしん弁当さんから。そして、紅白饅頭も富山県の老舗である三國屋さんから取り寄せました。いずれも絶品です!

会館のあちこちに輪ができて、座談会のご教導などで盛り上がる中、座談会でも話題になった福井大学のOBが同窓会状態でした(笑)。

歎異抄研究会の同窓会(Photo by 親鸞会)

話題の福井大学のOBも輪になって同窓会状態!!

親鸞会の各方面でご活躍中の重鎮が集まって、学生時代にタイムスリップしていらっしゃいました♪

そんな落慶座談会の後、芦原温泉に移動して祝賀会があったのですが、その翌朝にもん太が外を見てみると……、

彩雲(Photo by 親鸞会)

祝賀会会場となった芦原温泉から見えた彩雲と思われるもの

あらやだ、キレイじゃない♪

何やら雲が虹色に色づいていますね。もしかして、レアな彩雲じゃない?

よく環水平アークと間違えられやすいと言いますが、これ水平じゃないし……???

ちなみに何かと便利なWikipediaの「彩雲」の項目を見てみますと、

雲は昔から吉兆とされるが、実際はありふれた気象現象である。古くから、景雲や慶雲、また瑞雲などとも呼ばれ 、仏教などにおいては「日暈」などとともに、寺院の落慶、入仏開眼法要などには「五色の彩雲」等と呼ばれ、よく発生する現象として知られる。
また、西方極楽浄土から阿弥陀如来が菩薩を随えて、五色の雲に載ってやってくる来迎図などにも描かれており、瑞相の一つとして知られる。

……とのこと。

まあ、寺院の落慶によく発生するというのは、たまたまだと思いますが、何やらありがたく撮影してしまったもん太でした。

ではでは。

Tags: , , ,

ツッコミ大歓迎!