6 11月 2012

おさごえ民家園で先人の聞法心を見た!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

さて、親鸞会の福井会館の落慶レポートが一通り終了したわけでございますが、福井会館の近くには浄土真宗の中興である蓮如上人がご活躍なされた吉崎御坊があります。そのお膝元の福井県ですから、非常に熱心な真宗門徒が多いのですね。

……で、平成の真摯な親鸞学徒によって建立されたのが親鸞会の福井会館なわけですが、福井県の先人はどうだったのだろう……なんて気になりますよね?

富山県で先人の生活が建築レベルで学べてしまうのは世界遺産ともなっている五箇山の合掌造り集落だったかと思いますが、福井県の先人が、どんな生活をしていらっしゃったのかということが分かってしまうステキな施設もありましたので、福井会館ついでに寄ってみたよっ!!

それが、福井市おさごえ民家園です!

おさごえ民家園(Photo by 親鸞会)

福井県内の古民家が展示されているという、福井市おさごえ民家園

まず、この福井市おさごえ民家園って名称が気になるところですが、この施設があるのが福井市にある兎越山(うさごえやま)の古い呼び名から来ているのだそうです。「おさごえ」が「うさごえ」になったっていうことでしょうね。

……で、ここには150〜300年前の江戸時代に建てられた古民家が福井県内各地から移築されているのだそうですが、大人でも入園料100円と、たいそうリーズナブルな価格設定ですので、早速見てみたいと思いますっ!!

上の写真の受付で入園料を払って入っていくと、左手に巨大な古民家があります。これは150年前の幕末に大野市蕨生に建てられた家で、旧城地家だそうです。

旧城地家(Photo by 親鸞会)

おさごえ民家園で最大規模の旧城地家。屋根が修理中でした

まあ、かつて、城地さんっていう人が住んでいらっしゃったということですね。

……というわけで、城地さん、お邪魔しま〜す。

旧城地家のしきだいと仏間(Photo by 親鸞会)

客人は玄関から入ると、しきだいから仏間を通って本座敷へと進む

この旧城地家っていうのは、この福井市おさごえ民家園でも最大規模の古民家なんですが、城地さんっていう人は今でいう集落の自治会長である庄屋さんだったそうで、そういうこともあってかたいそう大きなお宅でございます。ここのパンフレットによれば、庄屋さんの主な仕事は年貢(税金)の負担方法を決めたり、田んぼの水路工事などの監督、土地の管理などなど、自治会長以上のことをやっているじゃん、と突っ込みたくなります。

これだけやることがあるので、仕事を手伝う人が10人くらい使用人として同居していたらしく、かなり大きいですね。部屋もいっぱいありまして、それぞれに名前がついているようでございます。

なんでも役人や特別な客人用の玄関が別にあって、上の写真の「しきだい」から右奥に見える「仏間」を通って、左奥の「本座敷」に入っていくようです。

この仏間に関して、パンフレットには浄土真宗の私たちが是非とも心得ておかなければならないことが書かれていました。

嶺北地方では、浄土真宗の民家が多く、その信仰が建物にも影響しています。

そのひとつとして、一般的に嶺北地方の古民家には神棚がありません。その理由は、浄土真宗では「阿弥陀仏のみを信じなさい。阿弥陀仏だけを礼拝しなさい。その他の仏や菩薩・神などを拝んだり手を合わせたりしてはいけません。」という教えにより、阿弥陀仏以外は礼拝しなかったからです。そのことにより、浄土真宗のことを「阿弥陀仏一仏にのみ向く」ということで一向宗ともいわれています。

また、玄関の正面に立派な仏壇と広い「ぶつま」があります。この「ぶつま」は、多くの人が集まって、浄土真宗を開かれた親鸞聖人のご恩に報いる報恩講や、仏教の話を聞くなどの仏法の行事を行う専用の部屋です。なお、結婚式や葬式・法事は家で行い、その時は畳の部屋全部の襖をはずして行われました。

……とのことです。

先人が仏教を説かれたお釈迦さまの結論、

「一向専念 無量寿仏」

の教えを如何に忠実に守っていたかが知らされますが、今では真宗の寺でも教えられませんし、その為、浄土真宗の門徒でありながら神棚があったり、神社に参ったり、祭りに参加したり……と情けない有り様になっていることを嘆かずにおれません。

旧城地家のおいえから本座敷(Photo by 親鸞会)

家の人のプライベートルームである、おいえから本座敷を見る

さて、次は、この旧城地家の向かいにある旧岡本家です。

約250年前の江戸中期に嶺南の若狭町に建てられた家だそうです。

旧岡本家(Photo by 親鸞会)

旧城地家の向かいにあるのが嶺南にあった旧岡本家です

まあ、かつて、岡本さんが住んでいらっしゃったということですね。

福井県にある蓮如上人の北陸布教の基地である吉崎御坊は嶺北にあるため、嶺北では浄土真宗が盛んですが、京都に近い嶺南は禅宗など浄土真宗以外の宗派が多いようです。雪が少ない地方ということもありますが、家の造りが大変異なっていました。

岡本さんも例外ではないようで、その大きな違いが仏間の有無です。

旧岡本家の座敷(Photo by 親鸞会)

嶺南にあった旧岡本家には仏間はなく、座敷に御仏壇が置かれていた

嶺北には御仏壇のある仏間という専用の部屋がありましたが、岡本さんのお宅にはないようですね。

上の写真は、座敷ですが、写真中央に見える細長いスペースに小さな御仏壇が設置されていたようです。浄土真宗ではなかったということもあってか、嶺南地方では仏と神の両方を信仰する人が多かったようで、神棚も置かれていたようでした。「一向専念 無量寿仏」の教えを忠実に守る浄土真宗とは大きく異なるところですね。

そんなわけで、浄土真宗の盛んな嶺北地方の家には、「一向専念 無量寿仏」の教えに従い、仏間が設けられ阿弥陀仏一仏を御安置されて神棚が置かれていないのに対し、浄土真宗が盛んでなかった嶺南地方の家には、仏間はなく神棚も設置されていたというハッキリした違いがあることが分かりました。

今でも浄土真宗の人は多いのですが、是非とも福井市おさごえ民家園を見学して、そういうことを学んでいってもらいたいものです。

さて、ここにある古民家では浄土真宗の先達の家の造りを学ぶことができ、仏間の有無で先人の仏法に対する姿勢が分かったのですが、更にビックリするものがありました!

それが、この旧梅田家です。

こちらは、約150年前の幕末に福井市の浄教寺町に建てられた家だそうです。

旧梅田家(Photo by 親鸞会)

一番奥にある旧梅田家。この家には、すごい仕掛けがあるのだ!

まあ、かつて、梅田さんが住んでいらっしゃったということですね。

福井市にあった家ということは、浄土真宗の盛んな嶺北であると同時に吉崎御坊にも近いので、もちろん仏間もあります。

ただ、この仏間が凄いのです。御仏壇の裏は外壁なのですが、この外壁が他の家とちょっと違います。

旧梅田家の外板(Photo by 親鸞会)

旧梅田家の御仏壇裏の外壁は、このような外板となっている

これが御仏壇の裏側です。一部分だけ、様子が違いますね。別の外板が張られています。

実は、この外板は火事などの緊急事態に、仏さまを御仏壇に御安置したまま、ご避難する為の工夫なんだそうです。

つまり、火事になったら、この外板を固定している角材を力づくで外し、外板を倒します。そして、担架のように外板の上に御仏壇を寝かせ、家から離れるというシステムです。

この家には天保8年の「火事見舞覚書帳」の表紙が残っており、焼失を機に再建したものだということが分かっています。その火事の辛い体験から生まれた工夫ということですが、火事になったら真っ先に御本尊をお護りするという真摯な親鸞学徒の姿勢が伝わってきます。

私たち親鸞学徒が護らなければならないのは、金でも財産でもなく、正御本尊であり、一向専念無量寿仏の教えであることが、先人を通して知らされるご縁でした。

他にも、旧土屋家もあります。

約150年前の幕末に、嶺北地方のあわら市に建てられた家だそうです。

旧土屋家(Photo by 親鸞会)

縁側が印象的な旧土屋家もいいですね!

まあ、かつて土屋さんが住んでいらっしゃったということですね。

そして、旧蓑輪家

こちらも約250年前の江戸中期に、嶺北地方の越前市に建てられた家だそうです。

旧蓑輪家(Photo by 親鸞会)

大きなかまどがあった旧蓑輪家

まあ、かつて蓑輪さんが住んでいらっしゃったということですね。

この土屋さんと蓑輪さんのお宅にも仏間はありましたし、玄関を入って真正面にあるという感じです。

浄土真宗の先達に学ぶということでも、親鸞会の福井会館にお参りした際には、是非とも福井市おさごえ民家園も見学したいものです。

ではでは。

Tags: ,

2 Responses to “おさごえ民家園で先人の聞法心を見た!”

  1. 田中 祝 Says:

    おさごえ民家園をこのように評価して頂き大変嬉しいです。今後ともPRの程よろしくお願いいたします。

    もんた様

                       田中

  2. もん太 Says:

    田中さん、コメントを頂きありがとうございました。
    喜んでいただけて幸いです。
    また、別の季節にお邪魔できればと思います。

ツッコミ大歓迎!