Warning: Use of undefined constant ‘CONCATENATE_SCRIPTS’ - assumed '‘CONCATENATE_SCRIPTS’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-config.php on line 41

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
親鸞会をビジュアルで発信 » Blog Archive » 親鸞会の富山会館で報恩講でした!


10 12月 2012

親鸞会の富山会館で報恩講でした!

Author: もん太 | Filed under: 法話, 親鸞会館

もん太@射水市民です。

昨年から、各地に親鸞会の聞法道場である会館の建立ラッシュでしたが、今年も残すところ僅かです。いつもの如く、年賀状がピンチでございます(汗)。

今年は、富山県の氷見西会館をスタートに、北海道の十勝帯広会館、鳥取県の鳥取米子会館、再び富山県の富山会館、島根県の島根会館、福井県の福井会館、岐阜県の新岐阜会館が落成しました。しかも、国内のみならず海外でも台湾の花蓮市に花蓮会館が建立されました。来年も各地に会館が続々と誕生するというニュースがチラホラ聞こえてきますので、今から楽しみです!

……で、最近の記事を振り返ってみますと、当ブログ名は『親鸞会 イミズム』ですのに、射水市どころか富山県からも脱出した話題ばかりになってしまいまして、うっかり、名は体を表さないという非常事態になっているわけでございますね。この前の記事は、岐阜会館の落慶記事だし、その前は福井会館の落慶記事だしね……。

そんなわけで、久々にホームグラウンドに戻ってきたいと思いまして、フラフラと富山に戻って参りましたら、今年の8月に落成した富山会館で親鸞聖人の報恩講が勤修されることになったわけです。これは、参詣しないとねっ!!

そういえば、親鸞会での報恩講は、まずは富山県の親鸞会館で勤められて皆さん参詣されていることかと思いますが、最近の親鸞会の機関紙である『顕正新聞』をチェックしていきますと、各地に建立された会館でも地元の報恩講が勤修されているわけですね。それを見ながら、富山会館でも是非……と思っていただけに嬉しいものでございます。

……で、富山会館での報恩講は先日の12月8日の土曜日に午前と午後に分けて勤められたのですが、もん太は諸事情で午後からの参詣です。到着したのが昼休みで、ちょうど皆さんが、おときを召し上がっておられるところでした。

大雪が心配されていた富山県ですが、もん太が到着した頃には、まだまだ大丈夫。路面は乾いているくらいでした。

報恩講(Photo by 親鸞会)

親鸞会の富山会館初の報恩講。玄関前にも看板を設置!

玄関前には、カラフルな「親鸞聖人報恩講」の看板が設置され、多くの参詣者を迎えていましたよ。

講堂に入りますと、満堂の参詣者の熱気でカメラのレンズが曇るくらい……(汗)。

そして、おときタイムが終了して、午後の部です。

親鸞聖人がお書きくだされた『正信偈』の勤行でスタートして、『御文章』の拝読は『御正忌』の章でした。

さて、いよいよ午後のお話です。午前に続いて、親鸞会の講師の先生より親鸞聖人の教えを聞かせていただきました。

法話(Photo by 親鸞会)

午前と午後に親鸞会の講師の先生から、お話を聞かせていただきました

浄土真宗の最大行事である報恩講とは、いかなる行事であるのかということから、報恩講を迎えさせていただく心構えを確認し、「火宅無常の世界は、万のこと、皆もって、そらごと、たわごと、真実あることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」などのお言葉から、私たちの人生の目的は何かを聞かせていただきました。

ちなみに、お話の詳細は、親鸞会の三大美女ブログの一つらしい親鸞会の朋ちゃんHappy Diary♪にて★「ただ念仏」の誤解 と親鸞会富山会館報恩講(^^)★という記事でアップされていましたので、そっちも要チェックでございますよ!!そういや、写真の至る所に朋ちゃんが写り込んでいますなぁ。

それはそうと、ひたすら、阿弥陀仏の本願を聞き求め、弥陀の本願という大船に乗せていただくまで光に向かって進ませていただきたいと思います。

この富山会館での報恩講ですが、アットホームなのが特徴で、休憩時間になると談話室に用意されている温かい飲み物でティータイムでした。中には初めて富山会館に参詣したという方もおられましたが、和みますね〜♪

談話室(Photo by 親鸞会)

休憩時間の談話室では、温かい飲み物で楽しくティータイム♪

そして、午後のお話も終わると、お楽しみの「ぜんざい」が振る舞われました!

台所を覗いてみると……、

台所(Photo by 親鸞会)

台所に入ると主婦パワー炸裂!ぜんざい作りに奮闘中です!

主婦パワーが炸裂していました。もん太も入り口で立ち尽くすのみ。あまりの気迫で中に入っていけません(汗)。

親鸞会の小矢部会館でも感じたことですが、やはり台所は主婦の皆さんのテリトリーなんだろうかと思ってしまいました。男性がウロウロしていると「はいはい、ちょっとどいてね!」と邪魔になってしまいます。更に、準備が終わった後も、ここが談話室のように主婦層の憩いの場になってしまうのです。まあ、これはこれでいいでしょう!

そして、台所からあぶれた人(?)たちは、館内の至る所で、手作りのぜんざいを頂きながら報恩講で聞かせていただいたことを仏法讃嘆。

ぜんざい(Photo by 親鸞会)

館内のいたる所で、ぜんざいを頂きながら仏法讃嘆でした

なんでも、親鸞会の法友のお宅で収穫された初物の小豆を使って作られたんだそうですよ〜♪

親鸞会の他の会館での報恩講でもそうですが、初めて、親鸞会とご縁のあった法友も多く参詣されています。そんな法友がマイク片手に自己紹介!

自己紹介(Photo by 親鸞会)

新たに親鸞会とご縁を結ばれた方が自己紹介され盛り上がりました!

なかなか、熱が入っていましたよ!!

最後には、定番の記念写真!

集合写真(Photo by 親鸞会)

最後に、みんなで記念写真をパシャリ!

ちょっと、ぜんざいを食べ終わってすぐに帰ってしまった方もあって全員が入れなかったのが残念んですが、皆さん良い表情です!

この後、帰路につくのですが、昼にはただの曇り空だったのに、雪が横から降ってくるくらいの吹雪に!

駐車場の愛車に戻ると、半分は横からの吹雪で真っ白で、もう片方は何も雪がないという面白い現象に……。富山では初積雪という所が多かったこともあり、もん太もご多分に漏れずスノーワイパーを持参しておらず苦戦しましたが、何とか無事に自宅に到着しました。

親鸞会では、二千畳以外の各地の会館でも報恩講が勤められ、多くの方が親鸞聖人の教えを聞いておられます。ぜひ、参詣させていただきましょうね!

ではでは。

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , , ,

2 Responses to “親鸞会の富山会館で報恩講でした!”

  1. jun1 Says:

    おお、憧れの朋ちゃんの横顔写真!!が、モザイク掛かってるし(>__<)

  2. monta Says:

    当ブログでは、プライバシー保護のためにやむなくモザイクでございます……面目ない。

ツッコミ大歓迎!