16 5月 2013

庄内の奥座敷「湯田川温泉」を散策!

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

前回の記事までは、全3回シリーズで山形県鶴岡市に誕生した親鸞会の聞法道場である山形庄内会館の落慶レポートをしてきましたが、 この会館は「庄内の奥座敷」と言われる開湯1300年の歴史を持つ「湯田川温泉」にあります。今回の庄内会館の落慶座談会では、全国の親鸞会の法友が温泉街の旅館に分かれて中継で聴聞させていただくなど、大変お世話になったかと思いますが、その湯田川温泉を、ちょっとだけ紹介します!(湯田川温泉の公式サイトも要チェックやでっ!)

……で、国道7号線から湯田川温泉に向かって走っていきますと、いきなりこんな提灯がっ!

湯田川温泉(Photo by 親鸞会)

開湯1300年の歴史を持つ庄内の奥座敷「湯田川温泉」です!

誰がどう見ても「湯田川温泉」に来た確信が持てるかと思います。親鸞会の山形庄内会館も、この湯田川温泉にあると聞いておりましたので、初めてやってきたもん太も「ここで間違いない!」と確信するほどのインパクトがあるモニュメントです。ちなみに、夜バージョンは撮っておりませんが、ちゃんと夜になると提灯に明かりが灯ります。それを撮り損ねました……ガーン!

そんな湯田川温泉の提灯まで辿り着けば、庄内の奥座敷へと導かれていきます。そう、温泉街がここから始まります!

湯田川温泉の入口(Photo by 親鸞会)

この湯田川温泉の提灯の奥に温泉街が延びています

……が、温泉に辿り着く前に、もん太的には非常に気になるものを地面に発見!

湯田川孟宗のフタ(Photo by 親鸞会)

提灯のすぐ側の排水溝のフタが、なぜかタケノコ!?

どういうわけか、排水溝のフタが「タケノコ」!?何とも可愛らしいフタですが、「なぜタケノコ?」と思われるかと思いますが、その理由は目を上げると分かりました。

湯田川孟宗の直売所(Photo by 親鸞会)

農協の脇に「湯田川孟宗」の直売所がありました

新鮮 湯田川孟宗 出荷・缶詰・直売所」なるものが、デーンとあるのでした。「孟宗(もうそう)」というのは、孟宗竹のことで、そのタケノコがここの名産とのことで、初出荷の時には地元新聞の1面を飾るくらいのブランドとのことです。湯田川温泉の公式サイトでも「湯田川孟宗コーナー」が特設されていることからもお分かりかと思いますが、この湯田川孟宗を求めて行列ができるほどだとか……。ちなみに、もん太が訪れた昼前には、農協のシャッターは固く閉ざされ、完売の張り紙が……orz。

湯田川孟宗は完売(Photo by 親鸞会)

昼には農協のシャッターは閉まって湯田川孟宗は完売との張り紙orz

でも、初出荷の日に親鸞会の山形庄内会館の落慶がつとめられ、参詣された皆さんに、この湯田川孟宗の料理がふるまわれました!何とも贅沢!美味しかったですよね〜!

さて、温泉街に入っていきましょう。

湯田川温泉の旅館(Photo by 親鸞会)

湯田川温泉街には、湯田川孟宗料理も頂ける旅館が軒を連ねています

湯田川温泉には13ほどの旅館が軒を連ねていますが、湯田川孟宗を使った名物料理「孟宗汁」なるものが頂けるそうです。これまた気になりますね!山形庄内会館の落慶時に、温泉街の旅館に宿泊した親鸞会の法友も召し上がった方がおられるそうで、たいそう美味しいと評判でした。

そんな湯田川温泉のド真ん中には、何とも風格のある「正面湯」なるものがありました。

正面湯(Photo by 親鸞会)

湯田川温泉街のド真ん中にある共同浴場の「正面湯」は200円で入れます!

実はこれ共同浴場とのことで、観光客でも斜め向かいの船見商店さんに200円払えば鍵を開けてもらって入湯できるそうです。手作りマップでは、大井商店さんでも対応しているとのこと。もん太は、船見商店さんでチケットを購入して法友と入りにいきました。「共同浴場」ですが、立派な温泉!ただ、「共同浴場」なので石鹸やシャンプーやタオルなどは持って行かなければなりません。でも、ケロリンの黄色い桶はありましたよ!

その正面湯の外壁には、全国でも屈指の「天然かけ流し」温泉です、と湯田川温泉の凄さをPRしていました。

湯田川温泉の説明(Photo by 親鸞会)

正面湯の外壁には、湯田川温泉の凄さをアピール!

ここには、

県内はもとより全国的に見ても屈指の新湯注入率を誇る「天然かけ流し」温泉です。加水・加温・循環を全くしていない極めて純粋な天然温泉で、先の表でもわかる通りその比率が他温泉地と比べて突出しています。

湯田川温泉が環境省より国民保養温泉地に指定された所以でもあります。

潤沢きわまりない「天然かけ流し」温泉を、どうぞ満喫下さい。

……ということが書かれておりましたが、確かに横にある「浴槽面積に対する4時間の温泉供給量」のグラフを見てみると、湯田川温泉の宿でも平均の3倍弱。共同浴場に至っては8倍とハンパではない温泉供給量です。確かに、正面湯では、ダバダバとお湯が出ていたような……。200円で入湯できるとしては、なかなか贅沢な体験をさせていただきました。

そんな格安で温泉に入れる正面湯でございましたが、その正面には「しらさぎの湯」なるものがあります。

しらさぎの湯(Photo by 親鸞会)

正面湯の正面には、足湯である「しらさぎの湯」があります

道路沿いにあるものですが、うっかり露天風呂だと思って、脱衣をしないでくださいね!あくまで足湯ですので……。

しらさぎの湯内部(Photo by 親鸞会)

しらさぎの湯の中。非常に風情がありますね!

ここから、もうもうと湯けむりが立ち上るのですが、これがまた「足を突っ込んでみようかな~」という気にさせます。

そんな正面湯としらさぎの湯から、さらに奥に行きますと、これまた風情のあるお土産屋さんを発見!

ぱろす湯田川(Photo by 親鸞会)

ちょっと変わったお土産屋さん「ぱろす湯田川」

「ぱろす湯田川」というお店です。

緑ののぼりには「だだちゃ豆ソフトクリーム」と書いてありまして、今回のご縁でも親鸞会の法友が道路向かいのパラソルの下で家族団欒で召し上がっている所を目撃してしまいました。実にうらやましい!もん太、ちょっと忙しくて、このお店が気になりつつも入れなかったのですが、だだちゃ豆って、庄内の名物らしいのですが、帰りの道の駅でもだだちゃ豆ソフトが売っていたので食べました。風味があってデリシャスでしたよ~。

それから、「孟宗蒲鉾」なるものもあるようでした。ここのオリジナル商品らしく、タケノコ好きなもん太としては、すこぶる気になる商品!う~ん、じっくりお店をチェックしたかったなぁ~。そんなワケで、親鸞会の山形庄内会館にお参りの際は、要チェックですよ~。

そして、このぱろす湯田川さんの前から、急な階段が山の上に向かって延びていました。その先には、「梅林公園(ばいりんこうえん)なるものがありました。

梅林公園(Photo by 親鸞会)

ぱろす湯田川さんの近くには梅林公園があります

もん太も、東北在住の親鸞会の法友から梅林公園の梅の花が満開の頃の写真を見せていただいたことがあるのですが、会館落慶の時には花のシーズンが終わっていました(泣)。

だが、しか~し!

桃の花(Photo by 親鸞会)

梅林公園では梅の花は終わっていましたが、桃の花が満開でした♪

梅林公園の奥に行きますと、真っ赤な花を咲かせた木がいっぱい!桃の花が頑張って自己主張していました。他の観光客さんに「すみませ~ん、写真撮ってください」とカメラ渡されて撮った後に、お礼に「この奥、桃の花が凄かったですよ~」という情報を頂きました。いや、いいものを見せていただきました。

そんな梅林公園。山の中腹にあるためか、眺めがすこぶるよろしゅうございます。

湯田川温泉街(Photo by 親鸞会)

梅林公園からは出羽富士と言われる鳥海山と湯田川温泉街を一望できます

手前に湯田川温泉街が広がり、奥には冠雪した鳥海山を望むことができました。この鳥海山は「出羽富士」と呼ばれ、非常に美しかったですね~。

……で、すっかり湯田川温泉は、孟宗の産地であることを忘れておりましたが、この梅林公園の中にも竹林がございまして、そこには、

孟宗とらないで(Photo by 親鸞会)

梅林公園にも湯田川孟宗の竹林。「孟宗とらないで下さい」の看板も!

「孟宗とらないで下さい」の立て看板が何か所にも……。

普通の竹林に「タケノコ持っていくな」という立て看板が立っているのを見たことがないですが、こういう立て看板が必要なほど、湯田川孟宗っていうのは一流ブランドなんでしょう!それにしても「タケノコ」じゃなくって「孟宗」って表記する辺りが、本場っぽいですよね!

梅林公園を後にして、ぱろす湯田川さんを過ぎると、右手に大きな池が……。

鯉が池(Photo by 親鸞会)

ぱろす湯田川さんの近くには「鯉が池」。鯉がいっぱいでした♪

「鯉が池」という池がございました。写真を撮るのを忘れるくらい、名前負けしないくらいの鯉がウジャウジャおりまして、岸に人が近づくと鯉が寄ってくるくらいの人懐っこさ!絶対にエサやってますね~。そんなわけで、鯉と戯れたい方は鯉が池に行ってみようぜ!

……で、親鸞会の山形庄内会館ですが、先ほどの梅林公園の展望台からガッツリ見ることができます。

山形庄内会館(Photo by 親鸞会)

梅林公園から親鸞会の山形庄内会館を望む。裏山は湯田川孟宗の大竹林!

ほらね!

ここから見ると、会館の裏山は見事なまでの湯田川孟宗の竹林であることが分かります。

孟宗シーズンにたくさん取れるといいですね。

……というわけで、親鸞会の山形庄内会館に参詣した際には、湯田川温泉で湯ったりするのもいいかもしれませんよ~。

ちなみに湯田川温泉のfacebookページもありますので、「いいね!」しておこうぜ!

ではでは。

Tags: , , , ,

ツッコミ大歓迎!