4 7月 2013

親鸞会の北海道会館が落慶!(2)

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

無駄に2回も記事を使ってしまった新日本海フェリー「すいせん」の乗船記に続いて、やっと始まった親鸞会の北海道会館落慶レポートでございますが、前回は、ひとまず北海道会館のロケーションや外観などをバーチャル拝観していただきました。

皆さまに置かれましては、外観もいいけど、とっとと中を拝観させておくれ、と思われていらっしゃる方も少なからずおられるかと思いますので、札幌に完成した親鸞会の拠点に潜入してみたいと思います(いやいや、堂々と入りましょうよ!)。

……で、こちらが、もん太が気に入っている北海道会館のプロヴァンス風の玄関周辺でございます。

玄関(Photo by 親鸞会)

プロヴァンス風の玄関回りがもん太は気に入っています♪

この辺は前回、バッチリと紹介しましたが、札幌周辺の親鸞会の法友が自宅の庭で育てられたものを、皆さんが持ち寄られたものです。やさしい外壁に鮮やかな花がステキですね!

では、中に入ってみたいと思います。

風除室(Photo by 親鸞会)

玄関を入ると広い風除室。中央のちょっとした掲示スペースがオシャレ

やはり、北海道の札幌は雪が少ないと言っても、雪まつりが開催されるだけに冬は寒いんですね。それだけに玄関を入って、すぐに内部にアクセスというわけにもいかず、ワンクッションの風除室が設けられているようですね。しかも、かなり大きめです。

この風除室も、実に雰囲気が良く、自動ドアを入って真正面に、ちょっとした掲示スペースがあり、現在はここに「どんな娘も 笑顔に勝る 化粧なし」のお歌が掲げられています。もん太が、玄関前をウロウロとしておりましたところ、前を歩いていた奥さまが、玄関の中を覗いて「アラ!面白い色紙が飾ってある♪」と読んでいかれました。この奥さまも、親鸞会で本当の親鸞聖人の教えを聞かれることを念ぜずにおれませんでした。

では、風除室から更に中に入っていきましょう。まずは、下足置き場です。

下足置き場(Photo by 親鸞会)

風除室から中に入ると下足置き場。大人数の参詣にも対応可!

多くの参詣者に対応できるように、下足棚も多めに用意されています。ベンチもありますので、腰かけて靴を履いたり脱いだりできますね!

そして、靴を脱いだら、1階のフロアです。

1階ロビー(Photo by 親鸞会)

広々とした1階フロア。左の階段以外にもエレベーターも完備!

親鸞会の会館でお馴染みのレッドカーペット!それにしても広いですね。写真の左に階段が見えますが、その横はエレベーターです。これなら足の都合の悪い方でも安心ですね!

1階のフロアには、ソファーもあります。

1階ロビー2(Photo by 親鸞会)

ソファーなんかもあってくつろげます。ちょっとした会合もOK!

ここでくつろぎながら仏法讃嘆もいいですし、キッチンもありますから、長机を並べておときを頂くのもいいですね!

では、2階へ行ってみましょう。

まあ、もん太は若い部類ですし、大きな荷物もありませんので、健康の為に階段を使って上がってみたいと思います。

階段(Photo by 親鸞会)

幅広の螺旋階段が3階まで続いています

それにしても階段の横幅が広いです!螺旋状になって3階まで続いていますが、多くの参詣者が混雑することなく昇降できるのはいいですね。傾斜も緩やかなので上り下りがしやすいのも特徴です。

そして、2階の講堂です。

講堂(Photo by 親鸞会)

ちょっと十勝帯広会館の講堂にも雰囲気が似ているような……

広々としていていいですね。北海道ならではの二重窓なので、窓を閉めれば前の大通りの音がほとんど聞こえません。それにしても、雰囲気が1年前に落慶した十勝帯広会館にちょっと似ていますね。

そして、正御本尊をご安置する御仏壇も大事ですね。

御仏壇(Photo by 親鸞会)

正御本尊である御名号をご安置する御仏壇も見事です!

正御本尊は、親鸞聖人や蓮如上人の教えられたとおりの御名号本尊です。

その御名号本尊をご安置する御仏壇は小樽に住んでおられる法友がお布施されたものでした。

その方が生まれ育たれたのは新潟県の浄土真宗の熱心なお宅とのこと。いつもお母さんより「御仏壇は阿弥陀さまのお住まいだから、家を建てる時は、人間の住まいより大切に考えなさい」と教えられてきたそうです。だから、北海道会館を建てようとなった時に「御仏壇は何としても自分がさせていただきたい」と思われたのだそうです。

そのお母さんは子どもたちに「弘誓の大船に乗らんば極楽には往けんぞ」と厳しく語り聞かせられたのだそうです。この北海道会館の御仏壇の前で、共に親鸞聖人の平生業成の教えを聞かせていただいて、弥陀弘誓の大船に乗せていただこうと決意新たにされていました。

さて、お次は3階ですね。

3階(Photo by 親鸞会)

3階の大広間は講堂以上の広さ。大人数の宿泊も可能ですなぁ〜

ここも2階の講堂以上に広い大広間です。

道路側に並んだアーチ状の窓がオシャレですね。これだけ広ければ、法友と宿泊させていただいて聞法合宿(?)できますね!

もん太は富山県立大学で仏縁を結ばせていただきましたが、その頃に北海道会館があれば、ここに泊まって聞法の合宿させていただきたかったな……と思うのでした。だって、湿度が低いから真剣に聞法に臨めそうですからね!そんなわけで、夏は北海道会館に泊まって、聞法三昧なんていかがでしょう?

続きは、こちら

ではでは。

Tags: , , , ,

ツッコミ大歓迎!