5 12月 2013

親鸞会の氷見会館で遷仏会でした

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

前回までは、富山からだいぶ遠い九州鳥栖会館と熊本玉名会館の落慶の話題でしたが、今回は一気に近くなって寒ブリの美味しい富山県氷見市の話題です!

氷見市といえば、一昨年の3月に氷見西会館が落成しておりました。その時の記事がこちらなのですが、当時から気になっていたのが、どうして氷見の後に「西」がオマケでついているのか……ということでした。その理由は、その東に親鸞会の氷見会館が建立されたからです!!

立地としては、能越自動車道の氷見インターのすぐ近く。氷見市民病院も移転してきたりと、今後発展していく好立地です。そこにピンクの目立つ聞法道場が完成しました!

氷見会館(Photo by 親鸞会)

青空の下、氷見会館の遷仏会が勤修されました

11月30日には、氷見会館の遷仏会が勤修され、多くの法友が詰めかけました。

開屏(Photo by 親鸞会)

麗しき女性2人によってお仏壇の開屏

正信偈の勤行のあと、親鸞会からの祝辞を披露。仏縁深い氷見市での法輪拡大の歴史を振り返り、そこに氷見西会館に続いて氷見会館が建立されたことを寿ぎました。

祝辞(Photo by 親鸞会)

親鸞会からの祝辞が披露されました

そして、館長の任命書授与。

館長任命(Photo by 親鸞会)

館長に任命書が授与されました

この後に2名の法友によって決意発表がなされたのですが、その1人が館長です。新館長は、仏縁を結ばれたころ、高岡会館にて時を忘れ納得いくまで話を聞かせて頂いたからこそ、今の仏縁があると、会館の重要性を切々と語られました。

決意発表(Photo by 親鸞会)

2名の法友より決意発表がなされました

もう1人の法友は、親鸞会の黎明期からの法友です。念願の氷見の会館が建立された喜びを発表されました。

実は、今回の氷見会館。本当は駅に近い別の場所が予定地だったのですが、地元の寺院関係者のお陰で現在の場所になったという経緯があります。改めて、以前の予定地じゃなくて良かった……と、それらの方々に感謝!だって、前の土地はこんなんですもん。

旧物件(Photo by 親鸞会)

ここじゃなくって本当に良かった……

道は狭いし、薄暗い場所でした。寺院関係者がこちらの土地を購入され、もともとあった鉄筋コンクリート造の建物も解体してくださったそうですが、そういう経費もかかることなく、現会館を建立する事ができました。

では、次回から恒例のバーチャル拝観と落慶座談会のレポートをしていきたいと思います!

Tags: , ,

ツッコミ大歓迎!