Warning: Use of undefined constant ‘CONCATENATE_SCRIPTS’ - assumed '‘CONCATENATE_SCRIPTS’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-config.php on line 41

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
親鸞会をビジュアルで発信 » Blog Archive » 親鸞会の石川かほく会館で落慶座談会


20 2月 2014

親鸞会の石川かほく会館で落慶座談会

Author: もん太 | Filed under: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

石川県に能登会館、石川加賀会館に続いて完成した親鸞会の石川かほく会館でございますが、遷仏会も終え、2月19日に高森顕徹先生をご招待しての落慶座談会が勤められました。

2月の寒い時期でしたが、このかほく市は雪の少ないところなので、路面にも雪はありませんでした。早朝より多くの親鸞学徒が落慶座談会に来られましたよ。

参詣風景(Photo by 親鸞会)

寒い中でしたが、早朝から多くの方が落慶座談会に参詣

館長はじめ、会館建立に中心となって頑張られた法友が、玄関で参詣者を笑顔で迎えておられました。

時間となり、落慶行事が始まります。2人の麗しき女性の手によってお仏壇が開屏されました。

開屏(Photo by 親鸞会)

麗しき女性によるお仏壇の開屏で落慶行事が始まりました

当然ながら、石川かほく会館の御本尊も、親鸞聖人の教えられたとおり御名号本尊でございます。その正御本尊を前に全員で『正信偈』の勤行をいたしました。

その後、いよいよ座談会です。今回は、お仏壇の上に掲げられている「平生業成」のお言葉について聞かせていただきました。

座談会(Photo by 親鸞会)

落慶座談会では「平生業成」のお言葉について解説

今日、仏教は死んだらお助けのように、生きている間は用事のない教えのように思われていますが、親鸞聖人のみ教えの1枚看板は「平生業成」です。

「平生」とは、世間では「普段」「日頃」と言われているように「生きている時」のことです。生きている間と聞くと、長く感じますが、1分後に死ねば、それまでの1分間が平生ということです。大病を患っていなくても、実際にそういう人はおられますね?交通事故で亡くなられる方、東日本大震災のように突然の地震や津波で亡くなられる方、心臓発作などの突然死などなど……。

その生きている今、人生の大事業が完成するというのが「平生業成」ということです。その人生の大事業とは、地獄より行き場のない私たちが、いつ死んでも極楽参り間違いない「往生一定」の身になることです。その身に生きている今、救っていただけるという教えが、親鸞聖人の「平生業成」のみ教えなのです。

参詣者(Photo by 親鸞会)

親鸞聖人のみ教えの一枚看板の「平生業成」について聴聞

この石川かほく会館も、その平生業成の身に救っていただく為の聞法道場であり、また、有縁の方に親鸞聖人のみ教えをお伝えする発信地であります。

皆さん、この会館を休ませることなく光に向かって進ませていただくことをお誓いして座談会が終了しました。

座談会終了後は、皆さんとおときの時間です。

あんしん弁当(Photo by 親鸞会)

お昼のおときは、隣の富山県から取り寄せた「あんしん弁当」

おときは、すぐ隣の富山県から、無添加で評判の「あんしん弁当」を配達していただき、また、地元のお菓子屋さんで紅白饅頭を調達して振る舞われました。

おとき(Photo by 親鸞会)

会館落慶の喜びを語りながら、おときを頂きました

おときが終了すると、会館に入り切れず、別の会場で中継を通じて座談会を聴聞していた法友たちが、拝観に続々と来られました。

玄関(Photo by 親鸞会)

午後から、別会場の方が拝観に続々と到着

1階の講堂では、かほく市などで布教されている親鸞会の講師の方が、会館の説明をされていました。最も大事なのは御本尊です。阿弥陀如来の木像本尊でも絵像本尊でもなく、親鸞聖人の教えられた「南無阿弥陀仏」の御名号本尊をご安置してあることを解説。これこそ浄土真宗の正統の証ですね。

仏間の説明(Photo by 親鸞会)

地元の講師の先生より、仏間の説明を聞く拝観者

そして、3階に行ってみますと……、

拝観(Photo by 親鸞会)

3階からの眺めを楽しむ拝観者

日本海と白山を一望できることに感動しておられました。海も山も堪能できる会館って、そんなにないですよね?

そんな石川かほく会館が遂に落慶。

本当の親鸞聖人のみ教えを聞きたい方、苦しい人生なぜ生きるかを知りたい方、石川かほく会館へお参りくださいね!

ではでは。

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , , ,

ツッコミ大歓迎!