Warning: Use of undefined constant ‘CONCATENATE_SCRIPTS’ - assumed '‘CONCATENATE_SCRIPTS’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-config.php on line 41

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/doubou/www/keyrose/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
親鸞会をビジュアルで発信 » Blog Archive » 平成27年 勝興寺の御正忌報恩講「御満座」に行ってみた


25 1月 2015

平成27年 勝興寺の御正忌報恩講「御満座」に行ってみた

Author: もん太 | Filed under: 真宗十派

もん太@射水市民です。

浄土真宗で最も重要な行事といえば、親鸞聖人のご命日の頃に勤められる報恩講ですね。

本年度の親鸞会の報恩講は、昨年の10月に射水市の親鸞会館にて勤修されましたが、デカローソクで知られる富山県高岡市伏木の勝興寺では、今年の1/14〜16の3日間にわたって勤められました……ので、例年のごとく行って参りました!!

当ブログの西本願寺の法統継承式に行ってみた(1)からの記事でも書きましたように、昨年、本願寺の門主が世代交代して最初の御満座です。何か変わったことあるんでしょうか?

特に昨年の12月からの度重なる大雪に加えて、今年に入ってからも、たびたび雪が降っておりましたので、境内に雪は多かったものの、この日は小雨が降るくらいで、極端に寒くもなく、道中もスムーズに運転して来ることができました。

勝興寺の山門(Photo by 親鸞会)

今年の御満座は小雨が降る中で行われました

門前には、カステラなどの出店が3店舗ほど出ていまして、それを横目に勝興寺の駐車場に愛車を停めて、いざ本堂へ!

少々来るのが早かったのか、本堂に入ると、役員や係の方がおられるくらいで、門徒の方は殆どおられませんでした……ので、本堂に入って右側にある売店のような所などを物色していると……「雲龍山 勝興寺ストラップ」なるアイテムを発見!

勝興寺ストラップ(Photo by 親鸞会)

勝興寺ストラップなるものが1本500円で販売!

1本500円(税込)なり!説明文には、

「貴方の色々な願いを、(勝ち取る)(齎す)のストラップです」とのこと。

親鸞聖人は、こういった迷信を徹底的に破られた方だったかと思いますが、もうワケ分かりません(汗)。

さて、時間になると、本堂の中央部分に置かれた椅子の後ろ半分は、いつの間にやら満席。

正信偈の勤行(Photo by 親鸞会)

正信偈の勤行。親鸞会とは、ちょっと節が違います

勝興寺の住職の導師で、親鸞聖人のお書きくだされた正信偈などの勤行がなされました。

導師(Photo by 親鸞会)

導師は勝興寺の住職。風邪なのか咳をしながらで、ちょっと心配

もん太が、気になったのが御本尊ですね。

阿弥陀如来像(Photo by 親鸞会)

本尊は阿弥陀如来の木像。浄土真宗の正しい御本尊は……?

あれ?浄土真宗の正しい御本尊は……?

蓮如上人にお聞きしてみましょう。

他流には「名号よりは絵像、絵像よりは木像」というなり。
当流には「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というなり。(蓮如上人・御一代記聞書)

当流というのは、本当の親鸞聖人のみ教えを求めている浄土真宗の私たちということなんですが……。最も重要な御本尊のことですから、何度も繰り返して蓮如上人のご教導を聞かせていただきたいと思います。

さて、「法話」の時間となりました。

布教使の方が前に立たれて、

十方微塵世界の 念仏の衆生をみそなわし
摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる(浄土和讃)

煩悩に眼さえられて 摂取の光明みざれども
大悲倦きことなくて つねにわが身をてらすなり(高僧和讃)

の2首について、一言一言話がなされましたよ。

説教(Photo by 親鸞会)

若い布教使による説教。ご和讃について話がありました

ちょっと前までは、最初にご和讃を言うだけ言って、あとは殆ど世間話や自慢話で終わってしまう布教使が多かっただけに(中には、ご和讃の話をすることを批判する人までいる始末)、最近のこういう傾向(善知識方のお言葉を示して話をする)は非常にいいことだと思います。その為か、参詣者の中で居眠りをしている人は少なく感じました。

勝興寺の本堂(Photo by 親鸞会)

今までと違って説教が始まっても帰る人は殆どいませんでした

阿弥陀仏に救われるには他力の信心、とか信心について話されていましたし、また、「摂取の光明」についてもご和讃で仰っているだけに言われているようでしたが、「摂取の光明」と「遍照の光明」を混同してしまっていたような感じがしました。やっぱり、十劫安心が根底にあるのではねぇ……。

それにしても、一昨年くらいまでは、読経が終わって説教が始まる頃には、参詣者の半分くらいが帰ってしまっていたのですが、昨年から殆ど帰らない!受付で「懇志が○○円以上の方には、おとき券を渡しています」というような案内がありました。確か、昨年からおときが始まったよなぁ。まさか、おときの為に残られているっ!?いやいや、説教を聞きたくて残っておられるのだと思いたいものです。

そんなこんなで、今回のダイジェスト動画を作ってみましたので、バーンと見てくださ〜い!

では、また来年の御満座で……!

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , , , ,

ツッコミ大歓迎!