25 11月 2016

西本願寺の伝灯奉告法要に行ってみた(3)

Author: もん太 | Filed under: 真宗十派

もん太@射水市民です。

西本願寺で行われている伝灯奉告法要の第4期に1日だけ行ってみまして、前回と前々回に続き、今回もレポートを続けたいと思います。

とりあえず、バックナンバーはこちら。

……というわけで、前回で伝灯奉告法要が終わったのですが、実は、その後も「伝灯のつどい」なるイベントが用意されておりまして、参拝者はそのまま残って参加しておりました。

「伝灯のつどい」は、「伝灯奉告法要」よりは少しくだけた感じで、門主一家である大谷宗家と親しもうといったイベントのようです。門主と前門も、伝灯奉告法要では紫衣と五条袈裟でしたが、伝灯のつどいでは、黒衣と輪袈裟になっておりました。

その「伝灯のつどい」の日程はこんな感じ。

「伝灯のつどい」日程
阿弥陀堂 御影堂
開会、大谷宗家ご入堂 開会
園児による花束贈呈 [阿弥陀堂行事を中継]
ご門主様お言葉 前門様のご事績とメッセージ(映像)
大谷宗家ご退堂 ご門主様のこれまでの歩み(映像)
ご門主様のこれまでの歩み(映像) 大谷宗家ご入堂
前門様のご事績とメッセージ(映像) ご門主様お言葉
[御影堂行事を中継] 大谷宗家へのインタビュー
恩徳讃 斉唱 恩徳讃 斉唱
閉会 大谷宗家ご退堂、閉会

以上、パンフレットより抜粋。

……というわけで、伝灯奉告法要と同様に、阿弥陀堂と御影堂の両堂にて順番に行われる行事でした。

まずは、阿弥陀堂に大谷宗家が揃って入堂です。専如門主(大谷光淳氏)一家と即如前門(大谷光真氏)夫妻の6人が姿を現しました。その様子は、御影堂にいるもん太は堂内に設置された液晶テレビに中継されて見ることができました。

まずは、本願寺の幼稚園児より大谷宗家への花束贈呈です。子どもには、首飾りと腕輪のようなものが贈呈されていたようです。それにしても、法要期間中は毎日、贈呈されるんですね。花束贈呈は阿弥陀堂だけで行われるようでして、その様子は、御影堂に中継されました。

それが終わると、御影堂では、阿弥陀堂の映像が終わって、〝前門様のご事績とメッセージ〟〝ご門主様のこれまでの歩み〟のビデオが続けて上映されました。その間、阿弥陀堂では〝ご門主様お言葉〟です。

即如前門(大谷光真氏)は、門主を退任してすぐに取りかかろうとしてできなかったこととして、親鸞聖人の著作を読み返して学びたいとのことでした。退任してすぐにできなかったかも知れませんが、これから是非とも本当の親鸞聖人のみ教えを学んでいただきたいと思います。ご縁あらば、親鸞会の二千畳へも参詣されることを念じます。

そして、専如門主(大谷光淳氏)のビデオ上映。出生から門主就任に至までの経緯が上映されました。ボーイスカウトとかいろいろとやっているようですが、是非とも父の前門と一緒に親鸞聖人の「平生業成」のみ教えをよくよく聴聞され、門主として、本当の親鸞聖人のみ教えを徹底して頂きたいと思います。

その上映が終わると、阿弥陀堂から大谷宗家の皆さんが、御影堂に移動してきます。

そして、入堂。

大谷宗家入堂(Photo by 親鸞会)

大谷宗家が揃って御影堂に入堂

長男の敬くんの手を引いての入堂です。どうやら、もん太の息子と同い年らしい。

そして、専如門主の〝お言葉〟です。

ご門主様お言葉(Photo by 親鸞会)

専如門主(大谷光淳氏)の「お言葉」が読み上げられる

やはり、「なぜ生きる」が抜けた「生き方」を強調したような〝お言葉〟でした。これからは、浄土真宗の言葉を使わずに、平易な言葉で教えを伝えていきたいと決意がありましたが、その為には、自らがよく教えを理解することが大切です。今生で阿弥陀仏の本願に救われる平生業成のみ教えを徹底していただきたいものです。

〝お言葉〟が終わると、大谷宗家へのインタビューです。

大谷宗家へのインタビュー(Photo by 親鸞会)

大谷宗家へのインタビューが始まった

ここからは更にくだけた感じで、司会の女性が参拝者を代表して大谷宗家にインタビューしていくというもの。まずは、門主の大谷光淳氏にインタビュー。

大谷光淳(Photo by 親鸞会)

専如門主(大谷光淳氏)がインタビューに答える

門主になって何が変わったか、とか、奥さんである裏方に対する気持ちなど、芸能人への記者会見で聞かれるような質問でした。

門主として、忙しいが裏方が子どもたちの面倒を見てくれるので、勤行で手を合わせるようになったそうです。うん、素晴らしい。門主として、1つ1つの法要をしっかりと勤めていきたいとのことでしたが、ただの儀式として終わらせるのではなく、「聴聞に極まる」のが浄土真宗のみ教えですから、せっかく全国各地から門徒が集まる法要は、聞法メインにして頂きたいと思います。

……で、裏方の大谷流豆美さんへのインタビュー。

大谷流豆美(Photo by 親鸞会)

裏方となった大谷流豆美さんへもインタビュー

そして、長男であり、次の門主になるであろう大谷敬(たかし)くんにもインタビューがありました。

大谷敬(Photo by 親鸞会)

次の門主になるであろう長男の大谷敬くんにもインタビュー

なんか、この子が答えている時が、いちばん盛り上がっていたように思います。幼稚園で友だちと一緒に遊ぶのが楽しいそうですよ。

父親の話では、勤行をするようになったとのこと。是非とも、本当の親鸞聖人の教えを伝えられる門主になっていただきたいものです。

……で、一通りのインタビューが終わりまして、退堂です。

大谷宗家ご退室(Photo by 親鸞会)

伝灯のつどいも終わって大谷宗家が退堂していく

何といいましょうか。血統だけの皇室と似たような扱いだなぁと思いました。

今回は、前門である大谷光真氏も同席していましたが、一言も発することなく退席です。メッセージはビデオメッセージだけでした。

大谷光真(Photo by 親鸞会)

即如前門(大谷光真氏)はビデオメッセージだけだった

そして、御影堂の出口で、長男の大谷敬くんが手を思いっきり振ると……、

大谷敬バイバイ(Photo by 親鸞会)

大谷敬くんの一挙手一投足が人気があったようだ

参拝者が「きゃー!かわいー!」と盛り上がっておりました。

次の伝灯奉告法要が、いつか分かりませんが、大谷敬くんが門主となる時には、本願寺で本当の親鸞聖人の教えが説かれ、本来の「本願寺」となってもらいたいと念ずるもん太でした。

ではでは。

はてなブックマーク - 西本願寺の伝灯奉告法要に行ってみた(3)
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`twib_users` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , ,

ツッコミ大歓迎!