14 1月 2018

平成30年 勝興寺の御満座レポート(1)

Author: もん太 | Filed under: 真宗十派

もん太@射水市民です。

5日の記事で、富山県が誇る高岡市伏木の勝興寺の御正忌報恩講である御満座が、昨年まで3日間勤められていたのが実質1日半になったことを書きました。

それで、結論として今年は行くのやめておこうかなぁ〜と思ったんですが、年始早々、観勢寺に初参りした上に、12日からの大雪でお参りが少なかったら可哀想と思いまして、老婆心もあって(?)、ついつい足を運んでしまいました。

射水市からの自宅からは1時間かからないと愛用のYahoo!のカーナビでははじき出したんですが、この大雪で道路状況も悪いので早めに出発しました……が、なんだかんだと40分くらいで到着してしまいました。やるじゃん、Yahoo!のカーナビ!

ただ、勝興寺の境内では平成の大修復とやらで狭くなっている上に除雪が追いついていないのか門前のスペースに案内されて、そこに車を停めることになりました。

例年なら、門前に2〜3軒ほど出店があったんですが、今年は0軒!なんか寂しいです。

勝興寺の門前

勝興寺の門前には出店がなかった

人気の無い門前から本堂に向かって進んでいくと、毎度毎度立派な勝興寺の山門がございます。

勝興寺の山門

勝興寺の山門。前日までの大雪の凄さが実感できる

山門から押し出すように大雪で積もった雪が垂れ下がっていましたが、持ちこたえておりました。う〜ん、流石は北陸の大寺院!

そして、勝興寺の境内へ。

参道の部分だけ、細く除雪して道が作られていましたが、人がいないので悠々と歩くことができました。

勝興寺の本堂

勝興寺の境内から本堂へ

本堂前には屋根からの落雪を防ぐ雪よけがありましたが、今日は快晴ということで大伽藍の山にドッサリと積もった雪が、ズドドドドド……と地響きを立てながら落ちてきましたので、参拝者一同、ビクビクしていました。それにしても、この三角の雪よけは頑丈ですねぇ。

この辺りで、勝興寺の〝若サマ〟と会い、世間話。「昨年まで3日間の御満座だったんですけど、今年から1日減らしました♪」とケロッと言っていたので、次に勝興寺を背負っていかなければならないのに大丈夫〜?と心配になってしまった。

勝興寺の本堂前

本堂前には屋根からの落雪よけが頑張っていた

10分ほど前に本堂に入れましたが、案の定、大伽藍の中はストーブだけなので、実に寒い。

もん太の装備はユニクロのヒートテックに、重ね着をして(それも全部ユニクロ!)、前に白金カイロ、背中に貼るカイロという完全防備。ただ、腰から下はあまり重ね着もできないので、冷えましたねぇ……。さすがに、ストーブにしがみついていました。

最初に勝興寺の住職である土山照慎さんから挨拶。

土山照慎

御満座の開始前に勝興寺の住職である土山照慎さんより挨拶

足が悪いのか、デカローソクの燭台にもたれかかるように挨拶。気管支の具合が悪いのか、ひたすら咳払いをしながらの挨拶でした。

例年は近隣の寺院から手伝いの僧が来てくれるのですが、今回はなんやかんやと来てくれなかったそうで、身内だけでやるとのこと。

案の定、始まった「読経」は住職込みで3人の導師で行われました。

読経

まずは読経。参拝者は法被姿の世話役込みで30名ほど

この段階で、お参りは30名ほど。法被姿の世話役たちを入れての30名ほどなので、かなりガラーンとしていました。前回は一昨年の御満座に来たんですが、ここまで少ないのは初めてではないだろうか?

読経が終わると、亡くなった方の追悼として行われる毎度恒例の萬年講は始まった。

勝興寺の満年講

萬年講では係が逝去された方の命日を記録しお賽銭を集める

何度か勝興寺にお参りに来ているが、この趣旨が未だによく分からない。

世話役の方が帳簿を手に巡回し、亡くなった方の命日を記録し、お賽銭を集めていく。そして、前方に小さなロウソクが沢山あって、そこで勤行が始まる。

満年講

満年講では多くのロウソクを脇に勤行

なんでこれが追悼になるんだろうか?

そして、勤行をしている導師の先にある肝心の御本尊は阿弥陀如来の木像だった。

勝興寺の本尊

勝興寺の本尊は阿弥陀如来の木像だった

親鸞聖人も蓮如上人も、浄土真宗の正しい御本尊は南無阿弥陀仏の御名号であるとご教示であり、本願寺が運営している龍谷大学の川添泰信教授が監修して発刊されたイラストで知る浄土真宗という本にも、浄土真宗の正しい本尊は名号であり、木像や絵像は間違いであるとハッキリ明記しているのに、勝興寺さん大丈夫かしら?

萬年講の後は、法話へと続きます。

その様子は、次回をご覧ください!

ではでは。

合わせてこちらもどうぞ

Tags: , , ,

ツッコミ大歓迎!