31 5月 2017

親鸞会の金沢会館をバーチャル拝観(1)

執筆: もん太 | カテゴリ: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

北陸新幹線が走っていても珍しくなくなった北陸でございますが、現段階での北陸側の終点は石川県の金沢駅。

新幹線効果なのか、特に金沢は観光客で賑わっています。

そんな石川県には親鸞会の聞法道場である会館が、既に能登会館、かほく会館、加賀会館の3つがございましたが、県庁所在地の金沢に会館がありませんでした。その加賀百万石で有名な金沢市に、この度、金沢会館が建立されました!

住所は、石川県金沢市横川6丁目 横川6−151です。

まさに市街地ですが、住宅街にあることもあって聞法に適した静かな場所となっております。

交通のアクセスも良いので、金沢市で浄土真宗の教えを知りたい方は、金沢会館に来られると良いですね!

金沢会館の看板

親鸞会の金沢会館の看板

現地に行きますと、大きな「浄土真宗 親鸞会 金沢会館」の看板が迎えてくれます。

看板の所から敷地に入っていきますと、嬉しいことに駐車場が広い!

金沢会館の駐車場

金沢会館の駐車場は実に広いのだ

なんだかんだと北陸は車社会ですので、金沢会館へ参詣の際に駐車場が広いのは実にありがたいことです。

そして、会館の造りは……といいますと、

金沢会館

金沢会館は新築の2棟が渡り廊下で繋がっている

新築の2棟が並んでおりますが、間は渡り廊下で結ばれております。

ちなみに右に見える巨大な倉庫のような建物は、ROUND1(ラウンドワン)という複合エンターテインメント施設の金沢店だそうで、いろいろと遊べるそうです……が、音は外に漏れてこないので実に静かなものです。

では、玄関に行ってみましょう。

金沢会館の玄関

玄関の両側にバラ作りが趣味の法友がバラでデコ♪

玄関の両側には、見事なバラが……。

バラ作りが趣味の法友が、落慶のタイミングに合わせて持ってこられたのだそうです。それにしても、バラってこんなに綺麗なものなんですね。

ここに掲げられている看板もまた風情がありますが、これは静岡の法友の手作りです。

金沢会館の木看板

玄関の上には、風情のある木製の看板

さて、この金沢会館。

外観だけでなく、内部がとにかく凄いので、そこは次回に紹介したいと思います。

ではでは。


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
30 3月 2017

親鸞会の岡山会館をバーチャル拝観

執筆: もん太 | カテゴリ: 親鸞会館

もん太@射水市民です。

いきなりですが、もん太が生まれ育った静岡県は浄土真宗が盛んではないのですが、それと同じく浄土真宗の割合が少ないのが岡山県です。

その岡山県にも親鸞聖人の教えられた「なぜ生きる」の答えを伝えるために、親鸞会の岡山会館が建立されました。

岡山ネオポリス(Photo by 親鸞会)

岡山ネオポリスの斜面に建立された岡山会館

岡山会館は、昭和51年にダイワハウスが分譲住宅団地として売り出した岡山ネオポリスにあります。

住所は、岡山県赤磐市桜が丘西1丁目8−1です。

岡山会館は、多くの住宅が建ち並ぶ岡山ネオポリスの中でも丘の斜面に建っております。

岡山会館(Photo by 親鸞会)

鉄骨平屋建ての岡山会館

斜面なので、造成工事もなされ、立派な擁壁があり、その上に建っているのですが、まさに城が石垣の上にあるようです。

城の石垣(Photo by 親鸞会)

傾斜が凄いので、擁壁が城の石垣のようだ

それにしても、「晴れの国」といわれるだけあって、本当に天気が良かったですね〜。

では、さっそく中に入ってみましょう。

玄関を入ると真っ白な下足棚があり、多くの参詣者を迎えるに充分です。奥には、玄関からの暑いor寒い空気が入っていかないように、スライド式の戸が設置されております。

玄関(Photo by 親鸞会)

明るい玄関には下足棚も充分

親鸞会の会館は、まさに聞法道場であり、親鸞聖人のみ教えを聴聞させていただくためだけの施設ですので、教えが説かれ、教えを聞かせていただく講堂は非常に重要です。こちらが、岡山会館の講堂です。

講堂(Photo by 親鸞会)

岡山会館の講堂

窓からの光が差し込んで非常に明るい講堂となっております。また、周囲は住宅地で大きめの道路からも離れているので、非常に静かで真剣な聞法をさせていただくのに最適な講堂です。

御本尊である南無阿弥陀仏の御名号がご安置されたお仏壇の上には、親鸞聖人のみ教えを漢字四字で表された「平生業成」のお言葉が掲げられています。

平生業成(Photo by 親鸞会)

お仏壇の上には「平生業成」の書が掲げられた

平生業成は、まさに親鸞聖人のみ教えの一枚看板なんですが、その意味が分かりやすく解説された動画はコチラ。

岡山会館の中心にはホールがあり、そのホールを囲むように、講堂やパントリーなどの各部屋があります。

ホール(Photo by 親鸞会)

玄関と講堂の間のホールを囲むように各部屋がある

また、ホールの壁には液晶テレビが設置されているので、講堂に入りきれない参詣者が来られた時には、ホールに座っていただき、講堂内の様子をライブで映し出して聴聞できるというものです。

AEDも設置されているので、万が一の時もありがたいですね!

ホールから講堂(Photo by 親鸞会)

ホールには液晶テレビが壁にあり、講堂内から中継される

そして、講堂脇には親鸞聖人のみ教えを説かれる講師の先生に休んでいただく控室も用意されています。

講師控室(Photo by 親鸞会)

講堂脇には説法される講師の控室

もん太の出身の静岡県にも静岡会館が建立され、徐々に親鸞聖人のみ教えが弘まりつつあります。

岡山にも、この岡山会館を中心に浄土真宗が弘まっていくことを念ぜずにおれませんね!

ではでは。


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ

もん太@射水市民です。

元日には、浄土真宗親鸞会の観勢寺にて、新春の初参り行事が行われましたが(記事はこちら)、親鸞会館では2日に新年行事である新春大会が行われ、もん太も参加して参りました!

日本全国のみならず、世界からも親鸞学徒が集い、新年を迎えて新たな気持ちでスタートを切ることができました。

新春大会(Photo by 親鸞会)

浄土真宗親鸞会の新春大会

二千畳前方の大映像には『顕正新聞』の新年号に掲載されていた吉崎御坊からの景色と「法輪」の書が映し出されていました。

参加者が揃いますと乾杯をして、会食が始まりました。

乾杯(Photo by 親鸞会)

乾杯のあと会食をしました

今回の会食も、射水市の名店「ウエルカム」の、あんしん弁当です。

どうしても、市販されているおせち料理は、色鮮やかで華やかではありますが、合成着色料などの添加物タップリで食欲がイマイチ……というのはもん太だけでしょうか?その点、あんしん弁当は安心していただける上に美味しいので、射水市では人気のあるお弁当屋さんなんです。

……というわけで、美味しゅうございましたよ。

食事がある程度進みますと、いろいろな発表がございました。

もん太が、特に感動したのは、海外で親鸞聖人のみ教えを求める方が続々と現れているということでした。

東南アジア(Photo by 親鸞会)

東南アジアなどで親鸞聖人のみ教えを求める方が急増

今回は、特にベトナムやミャンマーなどの東南アジア圏、そして、ウクライナなどの話題が紹介されました。

仏教は、聖徳太子が十七条憲法で仰っているように「四生の終帰、万国の極宗」です。それは、すべての人が知りたい「なぜ生きる」の答えが教えられているからなんですね。その「なぜ生きる」を明らかに教えてくださったのが親鸞聖人ですから、日本のみならず、世界中の人が聞き求められるのは当然ですね!

実際に、それらの国々で浄土真宗のみ教えを聞き求められている方のインタビューを聞くことができましたが、誰に聞いても知ることができなかった「なぜ生きる」の答えを明らかに聞くことができた喜びを語っておられました。

拍手(Photo by 親鸞会)

海外で「なぜ生きる」を喜ばれる方に拍手

そんな方々の喜びを聞かせていただくと、本当に嬉しくなりますね。

私も、やがて必ず死なねばならないのに、なぜ苦労して生きなければならないのかと悩んでいたところ、親鸞聖人のみ教えに出遇うことができました。

その「なぜ生きる」の答えをハッキリと知り、進ませていただけることに感謝して、今年も頑張りたいと思います。

皆さん、どうぞイミズムをよろしくお願いいたします。

ではでは。


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ