1 1月 2017

『顕正新聞』の新年号を開封!

執筆: もん太 | カテゴリ: 親鸞会ブログ

もん太@射水市民です。

旧年中は、なんだかんだとバタバタしてしまい、なかなか更新ができませんでしたが、今年はもうちょっと更新ができるように頑張りたいと思います。

……というわけで、よろしくお願いいたします。

さて、浄土真宗親鸞会の親鸞学徒にとって、お正月の楽しみといえば機関紙である『顕正新聞』の新年号です。

顕正新聞(Photo by 親鸞会)

平成29年の『顕正新聞』新春号は吉崎御坊からの景色

『顕正新聞』の新年号には、毎年、何かしらの書が掲載されているのですが、今年は「法輪」でした。

背景には、昨年、全国各地で好評だった映画『なぜ生きる -蓮如上人と吉崎炎上-』の舞台である吉崎御坊跡から見た北潟湖と鹿島の森と日本海!いや〜、絶景ですね。

そういえば、この吉崎には、浄土真宗親鸞会の吉崎御坊も落成しました。

どんどん法輪が拡がっていき、親鸞聖人の教えられた「なぜ生きる」の答えを求める方が多く現れられることを念ぜずにおれません。

そして、新春号で最も楽しみにしているのが高森顕徹先生のお書きくださる「年頭所感」ですね。今年は「大悲の願船に乗じて 難度の海を遍く照らそう」というタイトルで書いてくださいました。

年頭所感(Photo by 親鸞会)

高森顕徹先生より年頭所感のお言葉をいただきました

親鸞聖人の『教行信証』には「難度の海を度する大船」の厳存と、「その乗り方」以外、記されてはいない

から始まり、途中、

  • 聞法は「命かけて聞け」
  • なぜ一大事と思えぬか
  • 無常と罪悪を凝視して

の小見出しと共に書かれ、最後、

今日までの無事が、明日の安全を保証してくれないことを肝に銘じて、真剣な聞法に身を投じ、大悲の願船に乗じて、難度の海を遍く照らす、輝く親鸞学徒の年に生きよう

と締めくくっておられます。

仏法を聴聞する心得として、釈迦は『大無量寿経』に、

設い大火有りて、三千大千世界に充満せんに、要ず当に、これを過ぎてこの経法を聞き、歓喜信楽し、受持読誦し如説に修行すべし

と説かれ、親鸞聖人は『浄土和讃』に、

たとい大千世界に みてらん火をも過ぎゆきて 仏の御名を聞く人は ながく不退にかなうなり

(たとえ大千世界が猛火に包まれようとも、そのなか押して南無阿弥陀仏のいわれを聞く人は、永久に変わらぬ幸せに救われるのである)

と仰り、蓮如上人は「火の中を 分けても法は聞くべきに 雨風雪は もののかずかは」と詠まれ、『御一代記聞書』に、

仏法には世間の隙(仕事)を闕きて(止めて)聞くべし。世間の隙をあけて(仕事を済ませて)法を聞くべき様に思うこと浅ましきことなり

と強く諫められています。

いずれも真剣な聞法のお勧めですが、それだけ後生は一大事ということが分かります。

しかし、どれだけ一大事の後生と聞いても、夏の夜の蚊で眠れぬほど一大事と思っていないことを反省させられます。30年内に起きると言われる南海トラフ沖地震の確立は70%だそうですが、それでも対策として備蓄などをしています。でも、100%確実な未来である後生に対しての対応にどれだけ苦慮しているか、となると猛省せざるを得ません。

一大事の後生を一大事と凝視して、今年も聞法精進したいと思います。

さて、好評の『教学版』ですが、人気のマンガのテーマは「往生は一定」でした。

教学版(Photo by 親鸞会)

好評の「教学版」では「往生は一定」

阿弥陀仏の造られた南無阿弥陀仏の大船に乗せていただいて、往生一定の身に救っていただけるまで、聞法精進したいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ではでは。

はてなブックマーク - 『顕正新聞』の新年号を開封!
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`twib_users` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
10 12月 2016

観勢寺の落慶座談会でした

執筆: もん太 | カテゴリ: 真宗十派, 親鸞会館

もん太@射水市民です。

前回と前々回の2回にわたって、西本願寺の末寺から浄土真宗親鸞会に帰属した富山県上市町の観勢寺をバーチャル拝観してきました。

劇的なリフォームを紹介する某テレビ番組がございますが、この観勢寺のリフォームを手掛けた方の印象としては「もともとは廃寺かと思った」とのこと。バーチャル拝観をした感じでは、そんな様子は微塵も感じられないかと思いますが、まさに劇的なビフォー&アフターを見たように思います。

その浄土真宗親鸞会の観勢寺の落慶座談会が、11月30日につとめられました。

観勢寺への参詣(Photo by 親鸞会)

観勢寺の落慶座談会に参詣する親鸞学徒

早朝から、全国の法友が駆けつけ、「廃寺」とまで言われてしまった観勢寺に活気が戻ったのを感じました。

観勢寺の落慶座談会に参詣を希望する方は多く、とても観勢寺の中に収容しきれませんので、今回は、日本国内のみならず、世界の会館へと同時中継がなされました。

観勢寺(Photo by 親鸞会)

この日は天気も良く落慶日和でした

前日までは、ちょっと心配な天気でしたが、この観勢寺の落慶座談会当日は、朝から快晴でした。参詣される皆さんの表情も晴れ晴れとしています。

時間となり、満堂の観勢寺で朝の勤行が行われ、親鸞聖人のお書きくだされた『正信偈』が本堂に響き渡りました。

観勢寺での勤行(Photo by 親鸞会)

満堂の観勢寺で落慶の勤行

勤行が終わりますと、いよいよ座談会です。

まずは、もともとは西本願寺の末寺だった観勢寺が、なぜ浄土真宗親鸞会に帰属するようになったのか、という経緯が、司会者より説明されました。

観勢寺の本堂(Photo by 親鸞会)

できるだけ参詣者を収容するため外陣一杯になりました

要約しますと、経済的事情で寺院の護持が困難となった観勢寺は、法人解散を検討するも本堂の解体費用が捻出できず、本願寺に相談しましたが、拒否されました。

そこで悩んだ元住職が、昨年の1月に、浄土真宗親鸞会に譲渡を申し出たというわけです。

浄土真宗親鸞会としては、仏法者として布施されたものは受けるのが原則なので、譲渡が正式に決まれば、親鸞聖人のみ教えを伝える寺院として生かすことになります。

このニュースは、宗教紙『中外日報(5/20付)』にも大きく報じられました(Web記事はこちら)。

中外日報(Photo by 親鸞会)

宗教紙『中外日報』の1面で観勢寺の問題が取り上げられた

観勢寺の元住職が、浄土真宗親鸞会について、

東西両本願寺とは違い、浄土真宗の教えを伝えることに非常に熱心な教団であることは以前から知っており、親鸞会に(法人譲渡の)話をさせていただいた

と語ったと伝えられています。また、

過疎地域を中心に寺院の解散による財産処分に苦慮するケースは多く、『人ごとではない』と事情を知る関係者に波紋が広がっている

と同紙は結んでいます。

観勢寺は近隣住民との協議の末、5月20日に浄土真宗親鸞会に帰属を決定し、6月13日に引き渡されました。

その後、大幅な改修を経て観勢寺は、名称を「浄土真宗親鸞会・観勢寺」と改め、南無阿弥陀仏の法城として生まれ変わったのでした。

この観勢寺が、西本願寺を離脱し、浄土真宗親鸞会に帰属した経緯の説明のあと、本堂前方に掲げられた親鸞聖人のみ教えの一枚看板である「平生業成」のお言葉について、高森顕徹先生よりお聞かせいただきました。

観勢寺の座談会(Photo by 親鸞会)

座談会にて六字釈についてお聞かせいただきました

親鸞聖人の教えの一枚看板である「平生業成」と一言で表したお言葉が、『教行信証』の冒頭「難思の弘誓は難度の海を度する大船」です。

「難度の海」とは、苦しみの波の絶えない人生、「度する大船」とは、乗せてこの世を明るく楽しく絶対の幸福に、来世は極楽浄土へ渡してくださる大きな船ということです。

その大船とは、阿弥陀仏の本願によって創られた南無阿弥陀仏の御名号のことで、

「南無というは帰命、またこれ発願廻向の義なり、阿弥陀仏というは即ち其の行」といえり(御文章5帖目11通)

の六字釈のご文を引かれて、ご解説くださいました。

阿弥陀仏ではなく、阿弥陀仏の創られた機法一体の名号によって救われる。だから親鸞聖人は、木像・絵像ではなく、御名号を本尊となされたことを明らかにされました。

恩徳讃(Photo by 親鸞会)

お昼、恩徳讃を唱和して座談会が終了しました

座談会の終了後は、恩徳讃を唱和し、お参りした皆さんと一緒に会食をしました。

その後、富山県内の別会場で座談会を聴聞していた法友が続々と訪れ、拝観タイムとなりました。

掲示板(Photo by 親鸞会)

屋外の掲示板に張られた親鸞聖人のお言葉を見る拝観者

観勢寺前の道路には、屋外掲示板が設置され、「なぜ生きる」の答えを教えていかれた親鸞聖人のお言葉が掲示されています。

その掲示板に見入る法友も多くおられました。

そして、本堂も、

観勢寺の拝観(Photo by 親鸞会)

観勢寺の拝観の様子

南無阿弥陀仏の正御本尊がご安置された立派なお仏壇に感動していました。

観勢寺は、浄土真宗親鸞会に帰属した最初の寺ですが、この観勢寺に続こうという寺院がいくつかあるとも聞きました。

親鸞聖人のみ教えをお伝えする、という本来の使命を忘れることなく、精進していきたいと思います。

ではでは。

はてなブックマーク - 観勢寺の落慶座談会でした
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`twib_users` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 363 364 365 Next