もん太@射水市民です。

風の便りによれば、北陸地方は梅雨入りしたらしく、富山県もおしなべて梅雨入りした模様なので、しばらくの間、もん太もジメジメジトジトしてみたいと思います。

梅雨入り早々に、シトシトしたイメージの梅雨の雨らしくなく、午前中からどしゃ降りの雨&強風だったので、富山県の梅雨にかける意気込みは非常によく伝わってきたのでありますが、スタートダッシュに力が入りすぎたのか、午後からは快晴になってしまったようでございます。

梅雨ぶっ飛ばして、いきなり秋晴れのような気持ちの良い天気になってしまったので、みんな大好きな同朋の里に行ってみたよっ!

同朋の里と言えば、まず思い浮かべるのがC館であることは間違いないと思われますので(?)、まずはC館に……。

C館のキャノピー向こうに何やら細長い物体がっ!

C館のキャノピー向こうに何やら細長い物体がっ!

……ん?C館キャノピーの屋根の向こうに何か見慣れない細長い物体が見えますねぇ?(よく見えない人は、写真をクリックすると大きく見えると思われます)

これはヤジ馬なもん太にとっては非常に気になるので、怖いもの見たさに近寄ってみたいと思います。

……が、恐らく皆さんは三度の飯よりも百味館が好きかと思いますので、まずは、百味館前の駐車場まで行ってみたいと思います。

百味館前の駐車場から見ても、その巨大さが分かりますね

百味館前の駐車場から見ても、その巨大さが分かりますね

う~ん、右に見えるのが新しいD館なのですが、気になる物体は、高木の林越しにあるようでございます。ここで、指を咥えて見ていても指がふやけるだけなので、ひとまずD館まで行ってみることにしたいと思います。

D館前に立っても、その存在感は変わらず!

D館前に立っても、その存在感は変わらず!

これまた、親鸞学徒ならば見慣れたD館。鮮やかな緑の屋根がステキな建物でございますが、非常に綺麗で快適なので、信心の沙汰ではついつい長居をして盛り上がってしまう人気スポットでございますね。そのD館の向こうに見える巨大な物体……。D館の裏側に急げっ!!

中山池越しに見えるあの巨大な物体はっっ??

中山池越しに見えるあの巨大な物体はっっ??

……ということで、D館の裏側にやってきました。ウッドデッキからの眺めがステキなのですが、中山池越しに何やら見えますね。

ん?D館から中山池越しに見えるものと言えば……、

F館ですね!

何っ!もうF館が落慶したのかっ!?それにしても、顕正新聞などで報道されていたF館に比べるとやけに細長いような……?これは、気になりますので、是非とも中山池の対岸まで歩みを進めてみたいと思います。

周囲のどの木よりも高いクローラクレーン萌え~~!!

周囲のどの木よりも高いクローラクレーン萌え~~!!

おおっ!これは……、F館建設現場にそびえるクローラクレーンではないかっ!!

現場のおっちゃんの説明によれば、高さ30mほどもあるクレーンだそうな。なるほど、周囲の高木に勝るとも劣らない高さっぷりです。そういえば、こういうクレーンは正本堂の建設時にも、数台あったような気がしますが、これ程のクレーンが登場するとはF館は、相当でっかいのだろうなぁと思う次第でございます。

F館基礎の配筋工事中らしく、一生懸命鉄筋を運んでいました

F館基礎の配筋工事中らしく、一生懸命鉄筋を運んでいました

おおーっ!高い高いっっ!

これ以上は、関係者以外は立ち入り禁止ということで、満場一致で無関係者扱いされているもん太ですので、つまみ出されないようにギリギリラインで大人しくしていました。

いやぁ、もうこんなに工事が進んでいたんですねぇ。

F館楽しみ~っっ!!

間もなく、親鸞聖人降誕会が勤修され、海外からも多くの親鸞学徒が参詣されますが、ちょっとそれには間に合いそうもないですね。でも、来年の降誕会には同朋の里のA館からF館、そして、法輪閣までがいっぱいとなり、信心の沙汰が盛んになされることでしょう。

それにしても、梅雨入り早々に快晴という頼りない梅雨前線でございますが、その方が工事現場の方々にとってはすこぶる嬉しそうでしたので、ゲリラ豪雨だけは勘弁していただければと思います。

ではでは。

参考サイト:親鸞会の施設紹介


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
10 6月 2009

鼻から内視鏡~♪

執筆: もん太 | カテゴリ: 親鸞会もん太のどこまで脱線するの?

もん太@射水市民です。

今日は、年に一度の定期健康診断♪皆さんも盆や正月並に楽しみにしている年中行事かと思いますが、もん太にとってもこの上なく楽しみにしている次第でございます。

今年は年齢も年齢ということで、「胃内視鏡ドック」をトッピングさせていただきました♪お医者さんが、細長いカメラを胃の中に入れて記念写真を撮ってくれるというものでございますが、まあ、1万円ほど上乗せすれば撮ってくれるということでしたので、オーダーしてみることにしてみました。

胃の中をカラにせよというご指示に従い、前日の夜9時以降は食事をしちゃいけないっていうんで、断食していたんですが、さすがに朝食も抜きということになると草食系でもないもん太にとっては、かなり辛い試練でございました。まさしく、煩悩具足の凡夫でして、食欲を断つことは不可能なようです。

それで、射水市内の某総合病院へGo!

毎年恒例の健康診断を終えて、いざ内視鏡検査へ!

実は内視鏡検査は、過去に胃カメラ2回、大腸カメラ1回を経験しているのですが、最近は胃カメラを「鼻から」挿入して検査ができるようでございます。口から挿入するよりも細いカメラを使って行い、鎮静剤(緊張をやわらげて眠くなる薬だそうです……)を使わなくても、負担が少なくていいのだそうで、そちらをチョイス!

内視鏡検査室に通されたもん太は、まず胃の中を綺麗にする薬ということで、白く濁った液を一気飲み!いやぁ、味のないアクエリアスみたいな感じで、前評判に劣らないほど……、

マズかったよ!

そして、その後、鼻の穴にちょっとした麻酔をかけるということで、スプレー式の麻酔を鼻の穴に噴霧。鼻と口は奥でつながっているので、噴霧された薬は鼻から口へと流れ込んでくるのですが、看護士さん曰く。

「口へ流れてきたのは、飲み込んでくださいね!」

……ということで、ガッツリと飲み込んだのですが、これがまた苦い!しかし、これを飲み込むことで、喉にも麻酔をかけられるのだそうで、飲み込まないと後からとんでもない目にあいそうなので、飲み込むことにしました。

「これがイヤで、次からは口からカメラを飲む人もいらっしゃるんですよぉ」

……って、そういうことは最初から隠さずに言っていただきたいものでございます。

そして、麻酔が効いてきた頃にカメラのある部屋へGo!鼻から通すカメラは細いって聞いていたけど……、

直径が4.9mm!

いやぁ~、これって結構太いじゃん!本当に鼻の穴に入るのだろうか?

「では、入れますよぉ~」

おぉ~、鼻から本当にズブズブとカメラが入っていく~!!「はい、この辺でちょっと当たる感じがしますよー」とか「はい、そろそろ胃の入り口です~」とか、ちょっとしたバスガイドのように、お医者さんがガイドしてくれます。

アカン、リアルタイムに目の前でカメラが鼻の中に入っていくのは、アレすぎます!次回からは口からやろうかな?胃の中に到着すると、カメラから空気を出して、胃を膨らませるんですよね。これが結構、キツいんですが、何よりも辛いのが、カメラを入れている最中は、

ツバを飲めないということ。

カメラを入れている最中は、ひたすら垂れ流すしかないんですね。飲み込むとむせってしまってカメラを入れられなくなってしまうんだそうです。やっぱり、カメラ入れている間は熟睡したいものでございます。

そうして、無事(?)胃カメラが終了して、再び診察室へ……。

内視鏡写真

もれなくプレゼントの内視鏡写真(モザイクかけました)

内視鏡検査をした人には、もれなくプレゼントのプリクラクオリティの記念写真でございますが、折角の記念写真ということで満面の笑みをしたつもりでしたが、全く関係なかったようですね。お医者さんからは「いやぁ~、荒れもなくて綺麗な若々しい胃ですよ~」って褒められたんですが、あまり嬉しくないですね。

それでも、今まで内視鏡を数回飲んできたというだけあって、内臓の弱さには定評があったんですが、今回は自信がつきましたよ!smile12さんがブログの中で紹介されている鍼灸院に、もん太も数年来通っているのですが、特に胃の病気は神経性のものから来ることが多いので、鍼治療は効果的なようです。

それにしても、この写真どうしてくれましょう?

この写真を見て思ったんですが、まるでモツですね。しばらく、モツは食べられそうにないです。モツといえば射水市内なら麺処 煮込亭のもつ煮込みうどんが有名ですが、これもしばらく食べられそうにございません。

そして、精算に行ったんですが、

医療費請求書(負担率100%)

医療費請求書(負担率100%)

今さらですが、人間ドック になると負担率が100%のようです。ちなみに、同じ病院で通常の診察をすると……、

医療費請求書(負担率30%)

医療費請求書(負担率30%)

負担率が30%ですね。

ちなみに、人間ドックを受診すれば院内の食堂であるグリーンハットの汚職事件、いや、お食事券が全プレされます。

グリーンハットのお食事券

100円券が10枚綴られているグリーンハットのお食事券

ドックの支払いを済ませたら、プチ断食状態のお腹を満たすべく、食券片手にグリーンハットにGo!

グリーンハットの店内

とってもオシャレなグリーンハットの店内です

木の質感が何ともいえないのですが、非常にオシャレな店内です。ドックの場合は1000円分の食事ができるのですが、こんな時でもないと食べられないので、1000円を使い切ろうかと思います。

まずは、特製かき揚げの入った「天ぷらそば」

天ぷらそば!

特製かき揚げののった天ぷらそば!

これで1杯500円です。う~ん、おいしいんだけど、個人的にはうどんやそばは、食事処サンキューのものが好みですかねぇ。

そして、このグリーンハット名物の本場大阪風お好み焼き!色々な種類がありましたが「お好み焼き(チーズ)」をチョイス!

チーズお好み焼き!

本場大阪風のチーズお好み焼き!

これもまた1皿500円!これは実にうまい!ボリュームたっぷりで500円は安い!今まで射水市のお好み焼きの名店は風の街でございましたが、こっちの方がうまいですね。とろっとろのチーズが最高です。

これだけ食べて、貰った食券の1000円分を見事に使い切りました!

その後、この病院に目の手術で入院されていた静岡の親鸞学徒をお見舞いさせていただき、短時間ではありますが、信心の沙汰をさせていただきました。何でも静岡の病院では見つからなかった目の病気が、こちらの人間ドックで見つかったそうで……。しかも、半額ほどの格安価格で人間ドックができたので、すっかり気に入ってしまったそうです。

内視鏡をご馳走になり、その後には、そばとお好み焼きをご馳走になりましたが、さらにその後、検査前に飲み込んだ「胃の中をきれいにする薬」やら麻酔やらが胃の中でグチャグチャになって気持ち悪くなり、午後はダウンしていました。これは再び胃カメラ飲んだほうがいいんじゃないかと思ったほどです。

これだけ長々と書きましたが、次回からは……、

口からカメラを飲み込むことにしたいと思います。

ではでは。


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ

もん太@射水市民です。

当ブログのライターとしての初の記事となりますが、射水市のブログなのに、うっかり黒部市ネタからスタートです。まあ、テーマがもん太のどこまで脱線するの?という、すこぶるKYなものでございますので、皆さんも一緒に脱線していただければ、すこぶる嬉しゅうございます。

いいよねっ、KY!

そんなわけで、みんな大好きな黒部市なのですが、そんな黒部市に天然記念物が長期滞在しているようでございます。あ、「天然記念物」であって「天然危険物」ではありませんので、その点、ご注意願えたら幸いです。

その天然記念物っていうのが「トキ」ですね。漢字で書いたら「朱鷺」だと、もっぱらの評判でございますが、まずいきなり「書け」と言われて書ける人はいないかと思いますが、もん太も書けませんので、この際、書けなくても気にしないでいただければ幸いです。

このトキ、佐渡島で放鳥されたトキのうちの1羽だそうで、雌なのだそうです。雄は佐渡島に引きこもっているそうですが、繁殖期の雌はおしなべて佐渡島から脱出してしまったそうで、雌たちから総スカンを食らってしまった佐渡島の雄はさぞかし寂しい思いをしているのではないかと先が思いやられる次第であります。ここは一つ、草食系に落ち着かず、ガンガンと“婚活”をしていただければと思います。

そんなトキが本州にやってきて、一箇所の滞在期間が21日を超えた時点で、どうも黒部市が本州最長記録を更新したようでございます。それほど、黒部市はトキにとって住みやすいらしいのですが、人間にとっても住みやすい県ナンバー1と言われる富山県は、トキにとっても住みやすいようです。

それはそうと、ミーハーなもん太はフラフラと撮影に行ってきてしまいましたよ!

黒部のトキ

ねぐらとなっている高木の上で休んでいるトキ

俺たちの射水市が誇る小杉ICから車を走らせて、魚津ICで下りたんですが、一発でトキを見つけてしまいました。いやぁ~、人生初の生トキですが、これでもかって程、トキですねぇ~。

見物客が遠巻きに見ていました。背中からGPSのアンテナが飛び出していて、まるでラジコンのようでした。

ねぐらの高木にいたかと思えば……、

黒部のトキ

大勢のギャラリーをものともせず餌を探すトキ

餌場となっている、水田に行ったりと、衣食住(あ、衣は無いか……)には不自由していないようですね。

見物客がガン見している中で、トキは餌を探していましたが、落ち着かないんじゃないかなぁ~と思うのでした。

それにしても、望遠レンズで撮影していて思ったんですが……、

「黒部のトキ

「顔についてイチイチ口出ししないでくれます?」

トキの目って……、

金魚の目と一緒だよね?

あ、いや、ちょっと気になったんですが、ボーッとしている人間の目といいましょうか……。

無表情ですよね。

もうちょっと喜怒哀楽を表現していただきたいものですが、満面の笑みのトキっていうのも少々怖いかと思いますので、是非とも、このまま無表情を貫いていただきたいものです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、射水市も田んぼや高木など、多数揃えておりますし、何よりも親鸞会館 がありますので、トキには是非一度、遊びに来ていただきたいものです。

ではでは!

P.S.黒部市周辺で活躍する親鸞学徒はコチラ


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
Pages: Prev 1 2 3 ... 245 246 247 248 249 250 251 252 253 Next