もん太@射水市民です。

待望の映画『なぜ生きる -蓮如上人と吉崎炎上-』が、ついに昨日5/21に公開されました〜っ!

映画『なぜ生きる』(Photo by 親鸞会)

映画『なぜ生きる』が5/21に公開されました!

高森顕徹先生が脚本を書かれたなぜ生きる』『なぜ生きる2を原作としている作品ですが、サブタイトルに『蓮如上人と吉崎炎上』とあるように、福井県吉崎にあった吉崎御坊で起こった史実をもととして描かれているようです……とはいえ、もん太が事前に得ていた情報は、映画『なぜ生きる』公式サイトと、その予告編動画だけだったんですよね〜。

ちなみに、その予告編動画がコチラ。

う〜ん、もの凄く緊迫感のある予告編ですね……というわけで、ドキドキが止まらなかったのですが、浄土真宗の人でなくても、この映画は何かと話題になっていました。

……というのが、豪華キャスト陣なんですね。

主役である蓮如上人役が、里見浩太朗さん!

里見浩太朗さんといえば『水戸黄門』!しかも、黄門さまだけでなく、助さん、格さんというメインの3役を全て演じたというレジェンドが里見さんなんだそうです。もう、水戸黄門界(?)の重鎮でございますね。

まあ、あまり水戸黄門をガッツリ見ていないもん太としては、最近の『リーガル・ハイ』の服部さんのファンです(笑)。あの独特な服部さんというキャラが好きで、それを演じられる里見浩太朗さんがハマリ役だったように思います。

そんな芸歴の長い里見浩太朗さんですが、アニメ映画の声優は初めてのことなんだとか……と思っていたら、里見浩太朗さんのインタビュー動画がありましたよ。

あら、ステキ♪

里見さんだけではありません!他の声優も、小西克幸さん、田中秀幸さん、藤村歩さん、関貴昭さんといった面々で、アニメの声優業界では超人気なんだそうです。もん太世代からすれば、田中秀幸さんが『ドカベン』の山田太郎役っていうのが「おお〜っ!」って感じでした。関貴昭さんもNHK Eテレで放映中のアニメ山賊の娘ローニャの主役級であるマッティス役。これもスゴいですね。

そんなこんなで、内容はさることながら、豪華声優陣ということで話題の映画なんですが、富山県では、イオン高岡にあるTOHOシネマズ高岡と、富山市にあるシアター大都会の2カ所にて上映とのこと。射水市民のもん太からすればTOHOシネマズ高岡が最寄りなので行ってみたんですが……、公開初日の21日は早々にチケットがSOLD OUT……。もの凄い競争率です。

気を取り直して翌日の22日にやっとチケットが取れて、公開2日目にして、やっと映画を見せていただくことができました〜♪

TOHOシネマズ高岡(Photo by 親鸞会)

富山県内では2カ所での上映。TOHOシネマズ高岡に行きました

まず、事前にゲットした前売り券を握りしめてチケット売り場へ……。

チケット売り場(Photo by 親鸞会)

公開2日目ですが、チケット売り場は、この大混雑

早くもこの大混雑。前売り券だとネット予約できないんだよね〜(泣)。

並びながらiPhoneで座席状況をチェックしていると、もの凄い勢いで埋まっていく。

ハラハラしていると館内放送で「映画『なぜ生きる』のお座席のご案内は残り僅かとなっております……」とのこと。こ、これは焦る!!

まあ、なんだかんだとハラハラしましたが、何とか入場完了。TOHOシネマズ高岡は、子供にせがまれて年末にアニメ映画を見に来ているので、一応、勝手は分かっているつもりです。

さて、上映のスクリーンは……、

スクリーン3(Photo by 親鸞会)

映画『なぜ生きる』は221名収容のスクリーン3で上映

221席のスクリーン3。ここで1日2回の上映がなされます。

……で、入場してみたのですが、案外空席がある模様。

映画館(Photo by 親鸞会)

チケット売り場で混雑して、上映直前に満場になりました

それも、チケット売り場で大混雑して、上映直前までかかってしまったとのこと。結局は、入れない人がおられたくらいに満席になってしまいました。

それで映画は……と言いますと、最初から最後まで感動の嵐です。

あまり書いてしまうとネタバレになってしまうのですが、蓮如上人はいつも親鸞聖人のみ教えを忠実に伝えられておられたのだと、今更ながら懐かしく感じました。

そして、クライマックスの吉崎炎上のシーンは、本光房了顕が、まさに「教え」を護り切る姿に感動。まさに、恩徳讃の姿ですね。

多少の演出はされているものの、肝心なところは歴史的事実を元に作られているので、かつて行ったことのある吉崎御坊跡を思い出しつつ、見せていただきました。

また、見せていただきたいと思います。

終了後に、併設されている喜久屋書店に寄ってみますと、映画『なぜ生きる』のポスターと共に、原作の『なぜ生きる』『なぜ生きる2』が並べられていました。

喜久屋書店(Photo by 親鸞会)

喜久屋書店に寄ると原作『なぜ生きる』の帯が映画モードに!

よ〜っく見ると、帯が映画モードになっていますね。

映画を見せていただき、改めて原作も拝読したくなりました。

皆さんも是非どうぞ〜♪

ではでは。

はてなブックマーク - 映画『なぜ生きる -蓮如上人と吉崎炎上-』を見ました!
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`twib_users` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
20 5月 2016

親鸞会で平成28年の降誕会が勤修

執筆: もん太 | カテゴリ: 法話, 親鸞会館

もん太@射水市民です。

1年の中で、浄土真宗の大切な行事といえば、春の降誕会と秋の報恩講です。

5/14〜15の2日間、射水市の親鸞会館にて親鸞聖人降誕会が勤修されました。

正本堂(Photo by 親鸞会)

快晴の降誕会に世界の親鸞学徒が参詣されました

降誕会は、親鸞聖人がご生誕になられたことをお祝いして勤められるご法筵なのですが、それは親鸞聖人が全人類にとって最も大事な「なぜ生きる」の答えを明確に示してくださったからなんですよね。

親鸞会の二千畳の前方には〝「なぜ生きる」を全人類に〟の言葉が掲げられているのですが、日本の親鸞聖人が明らかにされた「なぜ生きる」が、今では、英語圏、中国語圏、ポルトガル語圏にとどまらず、ロシア語圏、ミャンマー語圏などにも伝わって、海外からの参詣者も多くおられました。グローバルですね!

さて、今回の降誕会も大学生と社長さんの2名が体験発表をされました。

体験発表(Photo by 親鸞会)

大学生と社長さんの2名が体験発表をされました

ご両親が親鸞学徒で、生まれた時から親鸞聖人のみ教えを聞いているIさん。今では、家族全員が親鸞学徒として聞法に出掛けられる仏法ファミリーですが、最初から真剣に聞法……というわけにはいかなかったようです。そんなIさんが、どうして親鸞聖人のみ教えを求めようと思ったのか、そして、ご両親への深い感謝を発表されました。

IT系の社長さんであるSさんは、末期ガンで闘病されるお父さんが亡くなられるまで、共に聞法をされたことを発表。最高の親孝行と涙せずにおれませんでした。

その後は「なぜ生きる」についてのビデオ上映がありました。

ビデオ上映(Photo by 親鸞会)

ビデオ上映では「なぜ生きる」について聞かせて頂きました

そして、高森先生のご講演です。

今回の演題は「『善知識にあうことも』のご和讃」でした。

ご講演(Photo by 親鸞会)

高森先生のご講演は「善知識にあうことも」のご和讃を通して

朝晩の勤行で拝読している親鸞聖人の、

善知識にあうことも おしうることもまたかたし
よくきくこともかたければ 信ずることもなおかたし

というご和讃を拝読していますが、まず善知識とは、どんな方なのかということから詳しくお聞かせ頂けました。

初日のご講演の後は、世界の親鸞学徒と一堂に会しての会食がありました。

会食(Photo by 親鸞会)

初日のご講演後は、世界の法友と共に会食を楽しみました

毎度の事ですが、お弁当は射水市の誇る「あんしん弁当」です。最近では、特に射水市内の事業所などの前にも配達トラックが停まっているのを見かけ、人気の高さを知らされますが、安くて美味しくて、身体に良いですからね。降誕会や報恩講のお弁当はいつも楽しみにしています!……勿論、聞法に来ている訳ですけどね!(汗)

会食の後半は、法友からの発表がありました。

まずは、熊本県の親鸞学徒から、熊本地震で被災された法友への支援のお礼がありました。

熊本地震のお礼(Photo by 親鸞会)

会食では、熊本の法友が熊本地震支援のお礼を述べられました

熊本県には、親鸞会の熊本玉名会館があります。

玉名市も今回の熊本地震で揺れが大きかった地域だったのですが、熊本玉名会館は瓦1枚落ちず、お仏壇の仏具1つ倒れることなく無事だったそうです。

世界の親鸞学徒からの支援物資は熊本玉名会館に届けられ、親鸞学徒のみならず、近隣の方も会館に足を運ばれて法話も聴聞され、身も心も元気になられたそうです。本当に良かったですね!

この後、ロシアやミャンマーの方からの発表もあり、本当に世界各地で親鸞聖人のみ教えが求められていることを痛感しました。

降誕会の2日目は、午前中に高森先生のご講演。

午後からは、親鸞会の名物でもある弁論大会でした!

弁士入場(Photo by 親鸞会)

弁論大会は7名の弁士の内、海外出場者が4名!

今回の弁論大会は、親鸞聖人のみ教えが世界に広まりつつあることを象徴するように、7名の弁士のうち、海外からの出場者が4名もおられました。

そして、優勝がアメリカで活躍されている方、敢闘賞が台湾の方でした。

参詣者(Photo by 親鸞会)

参詣者の皆さんは弁士の発表に涙!そして、笑い!

弁論大会も終わり、今年の降誕会も無事に終わりました。

これからも一層、光に向かって進ませていただきたいと思います!

ではでは。

はてなブックマーク - 親鸞会で平成28年の降誕会が勤修
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`twib_users` not found]
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
Pages: Prev 1 2 3 ... 6 7 8 9 10 ... 363 364 365 Next