4 11月 2017

浄土真宗 観勢寺の報恩講にお参りしました

執筆: もん太 | カテゴリ: 法話, 真宗十派

もん太@射水市民です。

8月にNHKの『ナビゲーション』という番組で〝寺が消える〟という特集がされておりましたが、そこで報道されていたのが、富山県上市町の浄土真宗寺院でした(反響が大きかったのか、今月12日に再放送もされるらしい)。

そこでは、地方で過疎化が進み、門徒や檀家が減少して経済的に困窮している寺院の現状が紹介されていました。本願寺の本山から職員がやってきて対策を立てているものの、なかなか大変なようで、再建どころか解散をどうするかということも真剣に検討されているようです。

その同じ上市町でも、少し前までは廃寺寸前までいった寺院がありました。

観勢寺です。

その観勢寺は、西本願寺の末寺でしたが、離脱して1年前に浄土真宗 観勢寺として生まれ変わりました。

その落成1周年を兼ねて、昨日の11/3に報恩講が勤修されましたのでお参りしてきましたよ!

観勢寺(Photo by 親鸞会)

観勢寺の報恩講の日は快晴の気持ちの良い天気

雲一つない気持ちの良い青空の下、観勢寺に到着すると、既に多くの参詣者が本堂に席を取っていました。途中で、後方の襖を外すほど!

まずは、皆さんと正信偈の勤行。

正信偈の勤行(Photo by 親鸞会)

正信偈の勤行で報恩講が始まりました

そして、布教使の吉村甲子郎先生より蓮如上人の御文章として有名な「白骨の章」について法話があり、皆さんと聴聞させていただきました。

吉村甲子郎(Photo by 親鸞会)

吉村甲子郎先生より「白骨の章」について法話

最初に、

「この寺は生まれ変わりました。建物が美しくなっただけでは、本当に生まれ変わったとは言えません。教えがなかった寺で、この1年、毎日のように親鸞聖人の教えを聴聞できるようになった。これでこそ本当に生まれ変わったといえるのです」

と激励がありましたが、浄土真宗は「聴聞に極まる」と言われます。

聴聞は、親鸞聖人のみ教え、つまり、阿弥陀仏の本願を聞かせていただくのですが、それが説かれなくなったら浄土真宗ではありませんし、寺の存在意義がありません。

NHKの『ナビゲーション』では、驚くほどに、この「教え」という最も重要なキーワードを聞くことができませんでした。寺は「教え」を聞かせていただくところです。

魚屋に行っても魚がなければ、魚屋は廃業します。

ガソリンスタンドに行ってもガソリンがなければ、ガソリンスタンドは潰れてしまいます。

同じく、寺に行って教えがなければ、寺が潰れてしまうのは当然です。葬式や墓番をしていても、それは寺の役目ではないのです。

観勢寺は、まさに、その「教えを説く」という本来の姿を取り戻して生まれ変わったということが分かりました。

法話では、今日とも明日とも知らず儚く終わる人間の実相を明らかにされました。人は何のために生まれてきたのか、後生の一大事を解決し、絶対の幸福・往生一定の身になるためであり、その道を説かれたのが釈迦であり、親鸞聖人であることを聞かせていただきました。

法話の後には、吉村先生を囲んでお斎をいただきました。

お斎(Photo by 親鸞会)

吉村先生を囲んでお斎をいただきました

教えが説かれるようになって生まれ変わった観勢寺には、近所の方もお参りされ、浄土真宗の正しい御本尊である南無阿弥陀仏の御名号に合掌されるようになったそうです。

存続の危機にぶつかっている全国の寺院関係者に、正しい教えを説けば観勢寺のように生まれ変わることを知っていただきたいと思う報恩講でした。

その観勢寺の情報がブログやfacebookで紹介されていますよ!

ではでは。


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
23 10月 2017

シネマ学院にアノ生物が……!

執筆: もん太 | カテゴリ: 同朋の里, 親鸞会館

もん太@射水市民です。

今月のオープン以来、富山県内は勿論、全国各地から映画で親鸞聖人の教えを映画で学ばせていただこうと、多くの親鸞学徒がシネマ学院へ来ておられるのですが、昨日の10月22日には、超大型の台風21号が日本列島に上陸して大変なことになっておりました。

シネマ学院(Photo by 親鸞会)

大型の台風21号の夜もシネマ学院では映画上映されていました

しかし、蓮如上人が「雨風雪はもののかずかは」とご教導くださいますように、後生の一大事の解決を求める親鸞学徒は台風だろうとシネマ学院へ来られるのでした。

そんな、台風21号の中のシネマ学院に、私、もん太も行ったのですが、なんとアノ生物までもがやってきたのです!

たまたま、持っていたスマホで撮ったのがコレ。

見た感じはハクビシンでしょうか?

シネマ学院の自動ドアの前を右往左往しながら「お〜い、ボクにも映画を観せてくれ〜!」と言っているようです。

阿弥陀仏の本願の相手は「十方衆生」ですが、ハクビシンも大慈悲に導かれて入口まで来たようですね……。

農家をやっている方は、農作物を荒らす〝害獣〟としての負のイメージが強いハクビシンですが、仏縁が深いんでしょうね。

もん太も負けずに光に向かって進ませていただきたいと思います!

ではでは。


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
1 10月 2017

シネマ学院がすごいぞ!

執筆: もん太 | カテゴリ: 同朋の里, 親鸞会館

もん太@射水市民です。

親鸞聖人のみ教えを映画で学ぶ為の「シネマ学院」が、いよいよオープンしました♪

富山県で最高の映画館……いや、少なくても日本で最高の映画館が新たに誕生したんです!

同朋の里(Photo by 親鸞会)

シネマ学院は静かな同朋の里にできました

シネマ学院は親鸞会の同朋の里に建立されましたので、大変静かな立地となっております。一般的なシネコンは、大型の商業施設に併設されていたり、いくつものシアターが並んでいるために、どれだけ頑張っても外部からの音が入ってきてしまうのですが、シネマ学院は非常に静かな立地ですので、浄土真宗の専用映画館としては最高ですね!

シネマ学院(Photo by 親鸞会)

映画で親鸞聖人のみ教えを学ぶ施設がシネマ学院です

シネマ学院で映画を拝見するには、事前に予約を入れて向かいのF館で受付をします。予約を入れていなくても、当日の空席があれば映画を拝見できるようです。

そして、いざシネマ学院へ!

シネマ学院のロビー(Photo by 親鸞会)

シネマ学院の特徴が、いわゆる〝土禁〟ということ

このシネマ学院の特徴の一つが、下足を脱いで入るということです。いわゆる〝土禁〟ですね。映画業界の関係者の中には「お座敷映画館」と呼ばれる方もありましたが、さすがに浄土真宗の教えを学ばせていただく映画館ですからね。土足はちょっと……という感じもします。

……で、もん太も下足を脱いで映画を観せていただきましたが、1時間以上もの間、靴を履いて観るより足の圧迫感もなくて快適でした♪

しかも、これからの時期に向けて〝床暖房〟も入るそうですから、そうなると靴を履かないというメリットは非常に大きいですね!

さて、玄関ホールの真正面には……、

大悲の願船(Photo by 親鸞会)

シネマ学院に入ると真正面に大悲の願船の墨絵

親鸞聖人が「なぜ生きる」の答えを明らかにされた、

生死の苦海ほとりなし ひさしく沈めるわれらをば
弥陀弘誓の船のみぞ 乗せて必ず渡しける

のご和讃と、大悲の願船(親鸞聖人は「阿弥陀仏の本願」を大悲の願船と仰いました)が墨絵で描かれた大きな額が迎えてくれます。

そして、玄関ホールから映画館へ進みます。

映画館入り口(Photo by 親鸞会)

玄関ロビーから映画館へ

映画館へ入って絶句。

映画館(Photo by 親鸞会)

シネマ学院の映画館は175席

国内の映画館の多くを手掛けた映画館専門業者が施工していることもあり、スゴイ映画館ということがすぐに分かります。現在の映画の最新技術を使っているので、色々とスゴイらしいんですよ!

まずはスクリーンの大きさですね。

シネマ学院の映画館には175席ありますが、その座席数に対してスクリーンが非常に大きいです。もう、左の壁から右の壁まで全部がスクリーンと言いましょうか……。視界いっぱいに映像が飛び込んでくる迫力です。

映画関係者の方が「昨日も東京の映画館に行って観てきたんですが、ここと比べると月とスッポンですね。100点満点です!」とのこと。映画館のスクリーン裏にはスピーカーが置かれているために、音を通すためにスクリーンには穴が空いています。その穴のサイズや数にもこだわっているんですね。

映画館のスクリーン(Photo by 親鸞会)

シネマ学院のスクリーンは二千畳の大映像とほぼ同じ大きさ

さらに映画関係者の方が、映画館に入るなり「うわっ!ゆったりしている!」と言われていました。

それもそのはず、シネマ学院の映画館にある座席は、

映画館の座席(Photo by 親鸞会)

一般の映画館と違って座席の肘掛けが各席2つずつ

こんな感じで、各席の肘掛けが2つずつ用意されているんです。一般の映画館の場合は席と席の間にある肘掛けは1つですよね?それで、肘掛けの奪い合いでケンカになる……ことはないかもしれませんが、こちらでは、肘掛けにゆったりと腕を置いて映画を観ることができるんですね。必然的に座席の間隔は広がり、ゆったりと鑑賞できるわけです。

左右だけでなく、前後の間隔も広めに取ってあるので、満席でも歩きやすくなっています。

そして、絶妙な映像の秘訣の一つが映写機の前にある「見えないガラス」です。

映画館の映写機(Photo by 親鸞会)

最新の映写機の前には「見えないガラス」

映写機と映画館の間を隔てているガラスですが、このガラスに「見えないガラス」を使用しているんです。これは、透明度が高く反射が極限まで抑えられているので、映写機からの光が遮られることなくスクリーンまで届くんですね。その為に、映像が非常にクリアなんです!まるで原画を拝見しているようなクリアさですが、それは現場で観てみないと分からないですねぇ。

そして、映像と共に音響も最高にチューニングされています。

映画館で上映中(Photo by 親鸞会)

最高の音響で、無音部分にもこだわっています

一般の映画館以上のサラウンドシステムを完備し、目をつぶっていても、どこから音がしているかリアルに分かります。そして、「無音部分」も凄いんです。無音でも、どうしても映画館の外の音やら、空調の音が聞こえてしまうのですが、先述のようにシネマ学院は、親鸞会の同朋の里という大変静かな所にありますので、大型商業施設のような騒々しい音も入ってきませんし、隣に別の映画館があるわけではないので、そういう音が漏れ聞こえることもありません。

この無音が結構重要らしいんです。

シネマ学院で上映中(Photo by 親鸞会)

迫力の大スクリーンで映像もクリア

そんなわけで、シネマ学院では最高の映像と音響で映画の世界に入っていけます。これは、DVDやBlu-rayで観たり、プロジェクターで映し出すのとは全然違います。

皆さんも、是非、シネマ学院で親鸞聖人のみ教えを学ばせていただきましょう!


   この記事へのツッコミ・コメントは今すぐ
Pages: Prev 1 2 3 ... 6 7 8 9 10 ... 251 252 253 Next